on-the-time.jp

2012年11月09日

鉄道模型で有名なホーンビーは貧弱なオリンピック・グッズの販売の後に赤字を報告。

キャラバン資本主義ビジネス

BBC Newsは、鉄道模型で有名なホーンビー(Hornby)は大幅な半期毎のロスを発表したと報告した。

また、玩具メーカーおよび重要な中国のサプライヤーの混乱で、弱いイギリスとオリンピックの販売を非難した。

2012年09月30日までの6か月で£541,000税引前損失は、1年前の£959,000利益から、大きく落ち込んだ。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

模型製作者は、その年の間全体として利益を得ることを予期しないと9月に既に警告していた。

鉄道模型の生産に加えて、ホーンビーはさらにコーギー、スケーレックストリックおよびエアフィックス・ブランドを所有している。

会社の中のシェアは、金曜日に発表の後に初期のロンドン取引で5%落ちた。

最高経営責任者フランク・マーティン(Frank Martin)は、
「ビジネスは確かに短期の挑戦に直面しています。」
「しかし、私たちは、ビジネスを前に営み続けるために首尾一貫した戦略を持っています。」と言っている。

ロンドン2012商品の販売は失望させており、その結果小売り業者に追加注文を取り消した。

それにもかかわらず、それらは、輝きがないイギリスの国内市場で3%の収益成長率を生成するのを支援した。

オリンピックの製品で、ホーンビーは、イギリスの販売が15%落ちたと言った。

その間に、会社は、「非常に本質的な混乱」から、中国で私たちの最大のサプライヤーのうちの1つによってインプリメントされている主な合理化プログラムによって引き起こされた供給まで苦しんでいたと言った。

ホーンビーは、その問題がヨーロッパの販売で30%落ち、そのビジネスを傷つけたと言った。

「ヨーロッパの私たちの製品の需要が引き続き有望とともに、これは特に苛立たしかった。」とホーンビーが言った。

会社のための総売上は全体として、5%下がっていた。
それが既に約束していた通期配当を維持している間、会社はその中間配当を保留した。

ホーンビーのキャッシュ・フローはさらに£90,000流出を登録して、期間に適度に否定になった。

しかし、会社は、負債が£1600万が2014年と2015年まで弁済のために上がらないことを指摘した。
また、それは9月末日の時点で現金中の£692,000に位置していた。

これは、中国に期待し、失敗した実例だろう。

キャラバン資本主義ビジネスは、間違えるととんでもないことになる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。