2012年11月09日

アッテンボローの方舟。

BBC Newsは、放送を開始してから60年目で、博物学者デヴィッド・アッテンボロー候(Sir David Attenborough)は、消滅から保存したい10の不思議で素晴らしい種の苦境を強調したと報告した。

中央・南東ヨーロッパの水中の洞穴で見つけられた高度に適した盲目の両生動物olmは、今、汚染と妨害からの脅威にさらされていると言っている。

まるで仙人か、目で見ないで、心で見るのか?

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

最近の十年間で劇的な下落に続いて、オーストラリア北部で見つかった小さな有袋動物northern quollは、革新的な保存スキームに関係している。

科学者は、それらが自国に侵入し、それらの存続を脅かす有毒オオヒキガエルを回避するように哺乳動物を訓練する予定にしている。

かわいいことから奇妙なことまで、ダーウィンの蛙(Darwin's frog)は発見者チャールス・ダーウィンサー(Sir Charles Darwin)によって指定された。
今、ブラジルのサンパウロ(Sao Paulo, Brazil)の近くで単に1つの森林へ制限されて、男性はそれらの口を通って若く生きるために出産する。

保護論者は、最後の残る拠点の活火山の脅威により束縛での危急種を生じさせている。

デヴィッド・アッテンボローサーによって強調された別の奇妙な種は、先史時代以来存在したが、単に今、ハイチとドミニカ共和国で生き残るまれなハイチソレノドンであった。

異常な夜行性動物は一有害な口で食べる。
また、信じられないほどに動く鼻はボールとソケット継手に感謝する。

規模のより大きな終わりとして、デヴィッド・アッテンボローサーは特別の注意にスマトラ島サイを選んだ。
世界で最もまれなサイの破砕した個体数は単に今、インドネシアとマレーシア半島で見つかる。

保護論者は有望なままのために、それらの、将来、この夏インドネシアで最初の捕虜で生まれた赤ちゃんの到着に続いた。

イギリスの蝶保護慈善団体(UK's Butterfly Conservation charity)のプレジデントとして、デヴィッド・アッテンボローサーは微妙な無脊椎動物のためで知られている。

彼はオーストラリアおよびパプアニューギニア北部に固有で、保存したい絶滅危惧種のうちの1つとして、プリアモスのバードウィング蝶(Priam's birdwing butterfly)を指定した。

デヴィッド・アッテンボローは、医学のための不正取引からの脅威の下の外装した哺乳動物および食物の苦境を強調しさらに特有のセンザンコウを指定した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。