on-the-time.jp

2012年11月03日

イスラエルの医療マリファナ研究会社。

麻薬とメディア

BBC Newsは、武装衛兵の下で、イスラエル北部の丘陵の秘密の場所では、大きな温室のインドアサ・プラントの列は甘く特殊な匂いを発していると報告した。

近くの処理室では、ドライ芽および葉のバッグが量られ、保管されている。

インドアサはイスラエルの違法薬でである。

しかし、この設備では、政府ライセンスの下で作業することを許されている。

それを実行する会社Tikun Olamは、医学的用途用異なる種類のインドアサを育てるために有機農法を使用している。

それは、薬のイメージを変更することができる新種を開発した。

それはユーザーに特性を高く与えず、副作用もない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

注意深い交雑育種は、精神活性作用があるTHC(etrahydrocannabinol/テトラヒドロカンナビノール)として知られているインドアサ中の化学薬物を事実上削除した。

代わりに、新しいプラントにはCBD(cannabidiol)と呼ばれる主な要素強力な抗炎症剤としての高濃度がある。

15年間CBDを研究しているヘブライ立大学の免疫学教授ルース・ガリリー(Ruth Gallily, an immunology professor at Hebrew University who has researched CBD for 15 years)は、
「Cannabidiolは脳の脳細胞に、拘束しません。したがって、それをとった後に、あなたは、望まない副作用を持っていません。」
「ハイにならないし、混乱もしない。運転することができ、働くことができ、日常のことをすることができます。それは非常に無毒です。」と言っている。

つまり、マリファナに期待する効果は消されている。

Tikun Olamの研究開発マネージャーであるザカリア・クライン(Zach Klein)は、新製品から利益を得ることができる患者のカテゴリーをリストにした。

彼は、「新種は、THCに敏感であるので、、私たちがほど可能なそれらの脳の中のそれらの受容器に触れたいとともに、働く人々、高齢者、さらに子どもの本当によい。」
「12歳のデービッド・サバック(David Sabach)は癌に苦しんでいるが、私がイスラエル中部で彼の家族のアパートを訪れるとき、友達と遊んで、外にいました。」と言っている。

彼は、私に2年前にどのようであったかと、写真を見せた。
化学療法による治療で髪を失っており、現在の体重の半分であった。

医者は最近デービッドに、CBDを豊かにしたインドアサをチョコレート、クッキーあるいはケーキにして処方した。

「私はかつては苦痛のためにモルヒネをとりました。また、それはちょうど2、3分間だけ支援するでしょう。」「私がインドアサをとる場合、それは一日中私を助けます。」
「私ははるかに気分がよくなりました。私は最後に脚の痛みを叫ばずに、歩くことができます。」と彼が伝えた。

医療用マリファナは1990年代以来イスラエルで使用された。

10,000人を超えるイスラエル人が、癌(illnesses from cancer)、パーキンソン病(Parkinson's disease)および多発性硬化症(multiple sclerosis)からのトゥーレット症候群(Tourette's syndrome)病気の範囲でそれを取った。

多数が、とても有益なのが規則的なインドアサ中のTHCのコンビネーションおよびCBDであると考えている。

THCはそれ自身の医薬の効果がある。

「それは変更されるべきではありません。」
「これは自然の医学です。また、それは何千年間も使用されています。」と識別されたくないテルアビブの52歳の癌患者が言った。

彼は、化学療法を受ける間に5か月前に削除された胃腫瘍および煙インドアサを持っていました。

「ほとんど、それは苦痛縮小を手伝います。第2のものは食べる望みです。」と言っている。

麻薬として知られる前は、例えば中国、日本、ヨーロッパなどの中世に薬草学の本を見ると、必ずマリファナが医薬として掲載されている。

確か、栃木県では、マリファナの幻覚作用機能を排除した品種が開発されたと聞いたことがある。

「燃料のない身体は戦うことができません。また、マリファナに関する素晴らしいもののうちの1つは、化学療法中にそれが「空腹」引き起こすということです。それこそ祝福である。」と言っている。

インドアサに含まれていたカンナビノイドのダースおよびそれらの相互作用の正確な特性は、まだ研究されている。

国際製薬会社は比率で実験しており、薬として使用するために合成バージョンを開発している。

しかし、栽培者は、従来の園芸の技術が異なる条件用の注文作りのインドアサを作成する可能性をさらに持っていると言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告