gaYa広告

2012年11月03日

飲酒飛行で鳥が集団死!?

AFPは、イギリスの学校で集団死しているのが見つかった鳥を解剖した結果、発酵した果実を食べたために酔っ払って衝突し、墜落したことが死因とみられることが分かったと報告した。

この驚きの事件は、英BMJグループ(BMJ Group)発行の獣医学誌「ベテリナリー・レコード(Veterinary Record)」で発表された。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

Veterinary Record 2012;171:453 doi:10.1136/vr.e7322

Suspected ethanol toxicity in juvenile blackbirds and redwings
1. J. P. Duff1,
2. J. P. Holmes2 and
3. Peter Streete3

+ Author Affiliations
1.AHVLA Diseases of Wildlife Scheme, AHVLA – Penrith, Merrythought, Cumbria CA11 9HS
2.AHVLA Diseases of Wildlife Scheme, AHVLA – Shrewsbury, Kendal Road, Shrewsbury, Shropshire SY1 4HD
3.Clinical and Forensic Toxicology, Medical Toxicology Laboratory, St Thomas' Hospital, London SE14 5ER

飲酒運転は空中、地上、水中でも危険!と言うことだろう。

イギリスのカンブリア(Cumbria)州では2011年8月に、小学校の敷地内で若いクロウタドリ(blackbirds)が10羽以上死んでいるのが見つかり、警察や専門家が現場に呼ばれた。
鳥の多くはひどい怪我を負っていたと伝えている。

うち1羽だけは生きていたが、翼を地面に当てて体を安定させたり、入れられたかごに寄りかからないと真っすぐ立っていられないなど、まるで酔っ払っているように見えたという。

当初はいたずらや鳥インフルエンザなどによる病死の可能性も疑われたが、解剖の結果、胃袋の中から発酵臭のする果実が発見された。
さらに体内の毒素を調べたところ、うち1羽の肝臓から高レベルのエタノール(アルコールの主成分)が検出された。

調査チームは報告書で、「鳥の中には外傷が原因で死んだものもおり、酩酊(めいてい)状態での飛行によって起きた衝突によりけがを負った可能性がある」と述べている。

唯一生き残った1羽は二日酔いから完全に回復したのち、野生へと戻された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。