on-the-time.jp

2012年10月30日

ディズニーがルーカス・フィルムを買収。

AFPは2012年10月31日に、娯楽大手ウォルト・ディズニー(Walt Disney)は2012年10月30日に、伝説的な人気を誇るSF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」で知られる映画監督ジョージ・ルーカス(George Lucas)の映画制作会社ルーカスフィルム(Lucasfilm)をUS$40億5000万(約3220億円)で買収すると発表したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この買収契約には「スター・ウォーズ」シリーズの権利の獲得も含まれ、ディズニーは併せてシリーズ新作となる「スター・ウォーズ7(Star Wars 7)」の制作も発表した。
公開は2015年の予定で、さらに続編制作の計画もあると伝えている。
買収金額は現在の株式価値を基に決められ、ディズニーはその約半分を現金で、残りは約4000万株の株式を発行して支払うことにしている。

ルーカスフィルムの買収について、ウォルト・ディズニーの最高経営責任者(CEO)ロバート・アイガー(Robert Iger)は、「永遠のファミリー向け娯楽大作『スター・ウォーズ』シリーズなど世界トップクラスの映画コンテンツと、ディズニーが持つ独創的で比類なき創造性との融合だ。」と述べた。

米国のサンフランシスコ(San Francisco)を拠点とするルーカスフィルムの全株式を所有しているジョージ・ルーカスは、「この35年間、私にとって最も大きな喜びの1つは『スター・ウォーズ』が次の世代に引き継がれることを目にすることだった。ついに私が『スター・ウォーズ』を次世代の映画制作者に引き継ぐ時が来た。」と述べ、「『スター・ウォーズ』は私の時代を超えても生き続ける映画だと信じてきた。だから、私が生きている間にしっかりと引継いでおくことが重要だと思った。」と付け加えた。

ダースベーダーもミッキーマウスに反抗すると、解雇されるかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。