2012年10月30日

フランスは、Googleに10億ユーロの税金を請求!

AFPは、フランスの新聞によれば、米国インターネット大手のローカル支社によって否定されたクレームで、フランスの税務当局がメディアWebサイトへの補償に関する論争で圧力を加え、Googleに対して10億ユーロの要求をしたと書いていると報告した。

週刊誌Canard Enchaineは、その出所を示さずに、税クレームが事業4年度間に、Googleのアイルランドの持ち株会社とフランスのユニットの間で設定された譲渡価格に関係があると水曜日にニュース・スタンド版の中で言った。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。


フランスの税務当局は、彼らが納税者プライバシーにより、特定の場合に関してコメントしないとAFPに伝えた。

Googleも直ちにコメントの要請に応えなかった。

その後、Google Franceスポークスマンは、会社がそのような通知を受け取っていないとAFPに伝えた。

週刊誌は、月曜のフランソワ・オランド大統領(President Francois Hollande)とGoogleチーフのエリック・シュミット(Eric Schmidt)との間の会で税クレームが表に出され、それがフランスのメディアとの論争での切り札だった、と言った。

フランソワ・オランド大統領は、フランスのメディアWebサイトから、検索エンジンがコンテンツをユーザーを向けることから得る広告収入の割合を渡すことを望むと言い、論争を解決するのに必要ならば、フランスの政府が法律を採用するだろうと言った。

それが可能になると、世界中の国が立法化するだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。