gaYa広告

2012年10月17日

毎日の総合ビタミン剤を飲む人は、癌の危険がわずかに低い。

美容と医学の科学

ロサンゼルス・タイムズ(LA Times/Los Angeles Times)は、2012年10月17日水曜日にJAMA(the Journal of the American Medical Assn./米国医学連合の雑誌)の中で公表された大規模な無作為研究によれば、毎日の総合ビタミン剤の使用は、わずかに高齢の人の中で癌の危険を低下させていたと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Original Contribution | ONLINE FIRST
Multivitamins in the Prevention of Cancer in Men: The Physicians' Health Study II Randomized Controlled Trial
FREE ONLINE FIRST
J. Michael Gaziano, MD, MPH; Howard D. Sesso, ScD, MPH; William G. Christen, ScD; Vadim Bubes, PhD; Joanne P. Smith, BA; Jean MacFadyen, BA; Miriam Schvartz, MD; JoAnn E. Manson, MD, DrPH; Robert J. Glynn, ScD; Julie E. Buring, ScD
[+-] Author Affiliations

Author Affiliations: Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, Massachusetts (Drs Gaziano, Sesso, Christen, Bubes, Schvartz, Manson, Glynn, and Buring and Mss Smith and MacFadyen); VA Boston Healthcare System, Boston, Massachusetts (Dr Gaziano); and Departments of Epidemiology (Drs Sesso, Manson, and Buring) and Biostatistics (Dr Glynn), Harvard School of Public Health, Boston, Massachusetts. Dr Gaziano is also Contributing Editor, JAMA.

JAMA. 2012;():1-10. doi:10.1001/jama.2012.14641.
Text Size: A A A
Published online October 17, 2012

試みで、その人たちは、ファイザー(Pfizer)によって作られ共通の多種ビタミン入り「Centrum Silver」を服用した。

その結果は、癌割合に対するビタミンのプラスの効果を示していない。
近年の多数の他の研究と対立している。
また、そのような補足を見つけたいくらかは、有害にさえなりえた。

しかし、それらの研究の多くは、ビタミンDおよびビタミンB6のような個々のビタミンに集中し、示唆された動物研究には、癌予防の特性があった。

ほとんどの研究では、それらの単一ビタミンは、研究の中で使用されるもののような総合ビタミン剤で見つかったレベル以上に大量摂取中の人々に与えられた。

最近の研究で研究者は、内科医の健康調査IIの一部として集められたデータを分析し、それは14,641人の男性医者に続いて、50歳以上で平均11.2歳年を取っていた。

その時間の間、医者は、総合ビタミン剤か偽薬を受けたグループにランダム化された。

偽薬をとる医者と比較して、総合ビタミン剤をとった医者は研究の間で、任意のタイプの癌に8%がなりそうではなかった。それは適度であるが重要な違いであった。

全面的な癌割合はプラセボ群の中に多種ビタミン入りのグループおよび18.8%の中で、17.6%であった。

しかし、この研究は、 研究で断然一般的な診断として、すべてで前立腺癌と診察される危険に違いを見つけることはできなかった。

研究の間に分析された2,669の癌のおよそ半分は、前立腺癌であった。
自習時間中のPSAのスクリーニングテストの人気のために、そうなりそうであった。

研究者は、アナハイムで癌リサーチ用のアメリカ連合会合で水曜日にそれらの調査結果を示した。
前立腺癌が多くの場合、良性であることを指摘した。
また、結果がその総合ビタミン剤を示唆することは、研究の全面的な8%のマークより、より重大なタイプの癌を防ぐかもしれなかった。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告