2012-10-14

セクシストのステレオタイプは、イギリスの新聞の一面を支配!

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、性差別主義のステレオタイプ、女性の屈辱的な写真および男性の署名入り記事は、WiJ(Women in Journalism)でによって行なわれた研究によれば、イギリスの新聞の一面を支配したと報告した。

男性のジャーナリストは、すべての第1面の記事の78%を書いた。

また、月曜日〜土曜日で4週の間に、9つの全国紙の分析によって、男性によって言及されたか引用されたものが84%を占めた。

その期間に定期的に描かれるただ一人の女性は、ケンブリッジの公爵夫人(Duchess of Cambridge)で、彼女の姉妹ピッパ・ミドルトン(Pippa Middleton)と犯罪被害者マドレーン・マッキャン(crime victim Madeleine McCann)であった。

最も写真を撮られそうな3人の男性は、伝記がその月発表されたサイモン・カウエル(Simon Cowell)選挙を行っていましたニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)とウイリアム王子(Prince William)であった。

WiJは、男性に最も支配されたタイトルが研究された時期に人によって書かれたその70の第1面の記事の91%と共に、独立系新聞社であることを知りました。

WiJは、研究調査される期間に、男性によって書かれるその70の第一面向きの記事の91%で、最も男性優位のタイトルがインディペンデント紙(Independent newspaper)であると、判った。

対照的に、急をリードする24の署名入り記事の50%は女性のジャーナリストであった。

いわゆる高級誌の中で、フィナンシャルタイムズ(Financial Times)にはその一面に現われる女性作家の中で最も大きな割合は、34%であった。

男性の署名入り記事は、テレグラフ(Telegraph)89%、サン(Sun)86%およびタイムズ(Times)82%でより普及していた。

ガーディアン(The Guardian)は78%で男性の歪みを持っていた。

トップ記事の中で指名された668人の引用されたものは84%で言及され、彼らの専門のキャパシティーの中で最も引用されていた。

これはちょうど16%の女性に匹敵した。

彼らは犠牲と有名人として不釣り合いに引用される。と言っている。

新聞は、まだ古い社会のママであった。

ここで面白いのは、大きく部数を伸ばしたフィナンシャルタイムズは、女性作家の中で最も大きな割合で、フィナンシャルタイムズの親会社ピアソンの最高経営責任者は女性のマージョリー・スキャンディノ(Dame Marjorie Scardino)であった。

ボスは、女性の方が売れるのかもしれないが、経験にもよることだろう。

2012-10-02---Financial Timesはブラジルで、印刷所をオープン。
2012-10-03---ピアソンの最高経営責任者マージョリー・スキャンディノ辞職。

Related Dates