2012-10-18

マイクロソフトの利益、22%ダウン!

BBC Newsは、Windows 8オペレーティング・システムとOfficeの最新バージョンの近づく公開より前に若干の収益を延期した後、マイクロソフトは四半期利益が22%の下落したと報告した。

3か月の間の純益は9月に、1年前のUS$57億4000万から、US$44億7000万まで落ちて、期待を逃した。

総収入では8%下落してUS$160億になった。

消費者がきつい経済で新しい購入を延期し、代わりにタブレット装置を選んだとともに、PC販売は落ちた。

マイクロソフトは、US$13億6000万の合計収入を延期した。
それは次の四半期でそれを回復すると予測されている。

ユニットが2012年10月26日に発売されるまで、それが収入を認識することができないので、これはWindows 8があらかじめ載せられたPCに対するライセンス料金でUS$7億8300万を含んでいた。

さらに、Officeの新バージョンの出荷をしたか、アップグレードに資格を有するPCのためにWindows 7で出荷されたUS$3億8400万は含まれたが、Windows 8へのUS$15でアップグレードに資格を有するPCへのUS$1億8900万を延期しました。

マイクロソフト・シェアは、拡張取引に3%落ちた。