2012-10-18

カダフィの家族と仲間は、今どうなったか?

BBC Newsは、2011年10月20日の元リビアのリーダー、ムアマル・カダフィ(former Libyan leader Muammar Gaddafi)が捕獲され、事故死から1年後、彼の側近グループと家族であることで起こったことを追跡取材している。

カダフィの息子のうち、元国家安全保障担当補佐官ムタシン・カダフィ(former National Security Adviser Mutassim Gaddafi)を含む3人は、彼の父親と同じ日に反逆者で手で殺された。

彼の前の法定推定相続人の息子であるセイフ・アル-イスラム(Saif al-Islam)は現在、リビアの刑務所で裁判を待っている間、カダフィの家族からの生存者は、アルジェリア(Algeria)でムアマル・カダフィの未亡人と共に、2011年10月以来ずっとまちまちの運命を経験している。

*ムアマル・カダフィの8人の子供のうち、7人の母親である未亡人サフィア・カダフィ(Safiya Gaddafi)は、「人道主義の理由」でアルジェリアに避難を与えられた後に昨年を過ごした。
娘のアーイシャ(Ayesha)とカダフィの最初の妻ファティア(Fathia)の娘息子に加えて、反逆者がトリポリを管理するとともに、彼女は2011年08月29日にアルジェリアに入った。
彼女は、政治声明を公開しないかあるいはリビアの情勢に干渉しないアルジェリア政府からの厳命の下で、アルジェの近くのStaoueliの町の安全な別荘に収容されると思われている。

*カダフィの最初の妻ファティアの息子のムハンマド・カダフィ(Muhammad Gaddafi)は、リビアの携帯電話および衛星通信ネットワークをコントロールした会社の会長であった。
ムハンマド・カダフィは多分リビアのオリンピック委員会会長として、2012年のオリンピック大会にロンドンで夏を過ごしている。
彼はICCによって起訴されず、昨年の暴動を押さえることを試みる際に大部分をプレーしたと思われていない。
カダフィの長男として、反逆者がトリポリを管理した時に逃れた後に、アルジェリアで1年以上を過ごした。

*ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの卒業生(London School of Economics graduate)で、前の法定推定相続人セイフ・アル-イスラム(Saif al-Islam Gaddafi)は、父親の死の1か月後に捕らえられ、それ以来ジンタン(Zintan)山町の保護下にある。
彼らはリビアで裁判に直面しなければならないことを要求し、人間性に対する犯罪の非難のために彼は求められる国際刑事裁判所( International Criminal Court)とリビアの法廷の間の持久戦の中心にいた。
リビアの司法部は、その戦いを勝ち取ったように見える。しかし、彼の裁判の日はまだセットされていない。
バスケットボール・コートとパーソナルシェフの完備した現代の拘留施設が、首都トリポリで彼のために準備されていることが報告された。

*リビアのサッカー連合とリビア特別部隊(Libyan Football Federation and Libya's Special Forces)の両方で前トップであった息子のサーディ・カダフィ(Saadi Gaddafi)は、サハラ砂漠を横切ってニジェール(Niger)に逃れた後に、ニアメ(Niamey)のゲストハウスに彼は収容所を与えられ、駐在している。
サーディ・カダフィは、彼のプレイボーイ・ライフスタイルと同様に失敗した薬物検査によって切り上げられ、一流の手榴弾での簡潔な経歴で悪名高い。
彼が必ず「死刑に直面する」と司法大臣が言って、ニジェールは、彼を引き渡すリビアの要求を拒絶した。
2012年09月に、インターポール(Interpol)は彼を逮捕することを加盟国に強いる「赤い通知(red notice)」を出した。
2011年12月にメキシコの政府関係者は、サーディを偽名の下でメキシコへ連れて来ようとしていた密輸業者仲間を発見したと言った。

*カダフィ大佐の一人娘アーイシャ・カダフィ(Aisha Gaddafi)は、彼女の母親と兄弟とアルジェリアへの避難を与えらた。
彼女の到着の3日後に、彼女が女児(彼女は母親の後にこの人をSafiyaと命名した)を産んだことが発表された。
アルジェリア政府によるきつい監視の下にあるにもかかわらず、それは続くことを切望し、静かに、彼女は、新政府に対して「反対する」リビア人を要求するためにシリアのTVチャンネルを使用した。
さらに、彼女は、彼女の父親の死を調査するようにICCに請願するためにイスラエルの弁護士ニック・コーフマン(Israeli lawyer, Nick Kaufman)を雇った。
アイシャがリビア・サッカー・チームとの最近の試合でアルジェリアを応援したと、リビアのメディア・アウトレットは報告した。そして、新しいリビアの側が「彼女を代表にしない。」と言った。

*1986年の米国空襲で、カダフィの養女になったハンナ・カダフィ(Hanaa Gaddafi)は18カ月で、死んだと言われてきたが、彼女がまだ生きているという証拠が現れている。
ビデオフィルムは爆撃の数年後に彼女の父親と遊ぶハンナ・カダフィと兄弟に出現した。
ドキュメントは、ハンナ・アマル・カダフィの名のもとでカダフィのBab al-Aziziyahの合成として医療文書およびブリティッシュ・カウンシル証明書さえに見つけた。
リビアのメディア・ソースは、ハンナ・カダフィが医者としての資格を得て数年間トリポリ・メディカル・センター(Tripoli Medical Centre)で働いた、と報告している。

*元政府報道官ムーサー・イブラヒム(Musa Ibrahim)について、ほとんど誰も知らない。
この人は国際メディア中の政権の顔であった。
彼は、まさに反逆者の攻撃が首都に入った時、政権が普及しているだろうということをそれらに保証して、ジャーナリストにほとんど毎日の状況報告を与えた。
カダフィと同じ種族から、イブラヒムはいくつかのイギリスの大学で勉強し、15年間ロンドンで暮らしていることを主張した。
反政府組織に落ちる前に、トリポリで見られたのが、彼の最後であった。
最新では、2012年1月に彼の逮捕に関していくつかの噂があった。
しかし、これらはすべて、誤りであることが判明した。

*カダフィ政権の最も強力な人のうちの1人ムーサー・クサ(Musa Kusa)は暴動から約1か月で離脱し、チュニジア経由でイギリスへ飛んだ。
彼は、リビア革命のチーフ財政家および後援者のうちの1人カタール(Qatar)で今暮らしている。
彼が離脱まで外務大臣で、クサは、1994年から2009年までのリビアの情報局局長であった。
BBCパノラマの調査は、彼が個人的に囚人を苦しめて1,200人以上が死んだ1996年のアーブー・サーリム刑務所大虐殺(Abu Salim prison massacre)に関係していた、と主張した。
彼は、その主張を否定し、彼は誰が1988年のロッカビー爆撃に責任を負ったかについての知識を持っていないと主張している。

この情報は、今後どのように動いていくかに関する貴重な資料と言える。

2012-09-12---リビアのベンガジで、米国領事攻撃で大使死亡!
2012-09-05---リビアの元スパイ・トップが裁かれる!
2012-08-19---リビア政府は、32人のトリポリ攻撃「カダフィの忠誠な支持者」を逮捕。
2012-06-09---カダフィの長男に会ったICCの弁護士は、リビアで拘留されている!
2012-04-27---元リビアの首相、ドナウで死体で発見!
2012-03-17---カダフィのスパイ・チーフ、モーリタニアで拘留!
2012-01-20---リビアは、化学兵器を隠した!?
2011-12-24---リビアは初めて、独立記念日を祝った!
2011-12-17---米国国防長官レオン・パネッタが、リビアの首都トリポリを訪問!
2011-12-15---国際刑事裁判所の検察官、カダフィの死は戦争犯罪?
2011-11-20---リビアのNTCは、カダフィ息子に公正な裁判を誓った。
2011-11-18---独裁政治の次に、何が来るのか?
2011-10-29---カダフィ息子セイフ・アル-イスラムは、無罪を主張!?
2011-10-22---どうなる?イギリスへ逃げたカダフィの最高スパイ!
2011-10-21---BBC、AP通信、TIMEのカダフィー死亡Twitter!
2011-10-21---AFPが、最初のカダフィ捕獲の写真を発表!
2011-10-20---カダフィ殺人事件の時間軸!
2011-10-20---ムアマル・カダフィが死亡した!
2011-09-07---カダフィの家族は、アルジェリアで保護されているのか?!
2011-09-02---爆弾ビジネスマンは、リビア革命でも歌のヒットを思いついた!
2011-09-01---リビア再建サミットをパリで開催。
2011-08-28---ムアマル・カダフイは、何処にいる!?
2011-08-22---リビアでの6カ月以上の闘争年表。
2011-08-22---リビアのカダフィ政権崩壊の瞬間!?
2011-07-30---NATO軍、リビアの衛星放送受信トランスミッションを破壊!
2011-07-30---ヨーナス将軍はイスラム教徒民兵に撃ち殺された。
2011-07-29---リビアの反逆者チーフのヨーナスが殺害された。
2011-06-22---リビアのカダフィは、殺人でNATOを起訴!
2011-06-07---カダフイは、死ぬまで戦うと誓った。
2011-06-04---日本政府、カダフィの資産3,500億円を凍結。
2011-06-02---NATO軍は、カダフイを追い出すと誓って、空襲を90日間延長。
2011-05-17---カダフイ使節は、モスクワで会談を開催。
2011-05-10---不思議でならないリビアの反政府軍担当者!
2011-05-05---カダフイが、「大いに、当てにした」看護師がノルウェーに亡命申請!
2011-05-03---トルコのリーダーが、カダフィに出国を要求した!
2011-04-30---NATO軍の空爆で、カダフイの息子を殺した。
2011-04-24---リビア刑務所、スペインの報道カメラマンがHELP!
2011-04-05---リビア政府は、リビアのような国にはカダフイが必要!と言っている。
2011-04-03---カダフイの使節アブデラティ・オベイディがギリシャに到着!
2011-03-26---欧米の目の上のこぶ、カダフィの歴史。
2011-03-10---リビアの闘争で、NATOはカダフイに対してオプションを考えている。
2011-03-06---リビアの戦いが深まるのに従って、カダフィーは戦争を徐々に拡大。
2011-02-28---米国はカダフィ追放のため、軍事介入を準備!?
2011-02-28---イギリスのキャメロン首相、カダフイ将軍に辞任を説得!
2011-02-28---世界中の外務大臣は、リビア騒動でにジュネーブで集まった。
2011-02-27---反カダフィー派が、Zawiyaを占拠した!
2011-02-24---カダフイは、ビン・ラディンが悪いと言った!
2011-02-23---非公式情報だが、リビアですでに1,000人以上が殺された!?
2011-02-22---リビアのカダフイが国営テレビに現れた!
2011-02-21---カダフィのリビアで、無茶苦茶に市民が殺されている!
2011-02-20---リビアで不安が拡大し、死亡者が100人を越えた!