2012-10-18

ブラジルの新聞は一団となってGoogle Newsを去った。

Knight Centerは、世界のトップの検索エンジンGoogleがそれらのヘッドラインへの権利のためにそれらを償うことを拒絶した後、ブラジルの主な新聞は「グーグル・ニュース(Google News)」を放棄したと報告した。

この多量ラッシュは、2011年にブラジルの新聞集団ANJ(National Association of Newspapers in Brazil)が、サービスから抜けるためにそのメンバーに推奨し始めた時に開始した。

ブラジルで発行sれている新聞の90%以上を占める154部の新聞のすべてはANJの推薦に続いた。

Googleは、それらのウェブサイトへの多くのユーザー・トラフィックの転送による「グーグル・ニュース」利点により、ヘッドラインを使用する権利のための支払義務をしないと主張した。

この論争は、10月12日から16日までサンパウロで開催されたIAPA(Inter American Press Association/米州新聞協会)の68回総会(68th General Assembly)の中で最も激しい討論のうちの1つを煽った。

両側の議論にもかかわらず、IAPAの総会は、ANJとGoogleの間で、新しい協定のないまま終了へ来ました。

ブラジルのニュース会社にとって、「グーグル・ニュース」から到着する訪問の数は支払いを受け取らずに、それらのヘッドラインの使用を正当化するのには十分ではなかった。

その決定にもかかわらず、新聞のWebサイトはGoogleの規則的な検索サービスの中で上がり続けることになる。

デジタル・マーケティングの中で注目するSerasa Experianからの2011年の調査によれば、Googleは92.15%の市場占有率を持ったブラジルでナンバーワンの検索エンジンである。

ただし、Googleは、中国での失敗に続き、ブラジルでの失敗と、これからの巨大マーケットで失敗が続いている。
今回は、ブラジルだけではなく、中南米全体に広がる可能性が非常に高い。