2012年10月15日

米国は先制サイバー攻撃を準備中!

FT(Financial Times)は、米国のレオン・パネッタ国防長官(US defence secretary Leon Panetta)がサイバーテロ攻撃は、2001年9月11日に米国上の物理的な攻撃と同じくらいの損害を与えるかもしれない、と警告したと報告した。

また、重大なサイバーテロ攻撃が切迫していた場合に先制措置をとる準備をしていたと言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

彼は、「外国の活動家」がコントロールシステムをユーティリティ、産業および輸送に向けていたことを米国の諜報機関が示したと言った。

高度なツールは、重要なコンピュータ制御システムを破壊し、かつむちゃくちゃに破壊するために作成されていた、とレオン・パネッタ国防長官が言った。

レオン・パネッタ国防長官、今は博物館になった航空母艦USS Intrepidの艦上で、財界人へのスピーチで、
「侵略国か過激派グループは、重大なスイッチの利得制御、また旅客列車を脱線させ、致死薬が載せられる。」
「それらは、主要都市の水道設備を汚染するか、あるいは地方の大部分を横切って送電網をシャット・ダウンすることができました。」
「そのような破壊的なサイバーテロ攻撃は国家を麻痺させて、脆弱性の深遠な新しい感覚を作成することができました」と彼が言った。

この数週間で、多くの大きな米国の会社が、巨大な量のデータでそれらが砲撃され、攻撃を受けた、と彼が言った。

さらに、カタールとサウジアラビアの石油会社はShamoonによって攻撃されました。
それは、コンピューター・データをわけのわからない話に取り替えようとした。

約30,000台のマシンがShamoon攻撃によって壊された。

米国国防部は、攻撃者を追跡すると彼は付け加えたべきツール、およびコンピューター・ネットワークによってオペレーションを導くことができるサイバー打撃部隊を開発した。

また、それがいつ「主な脅威に速く直面することができたか定義する。」のは、今その交戦規則への変更でしたと言っている。

日本のサイトもかなり、攻撃されている。
とくに最近、多くのサイトを見ていると、攻撃されていることがひしひしと感じる。

2012-10-14---イラン、湾岸サイバーアタックを否定。
2012-10-08---米国パネル、中国の HuaweiとZTEはセキュリティ脅威と警告。
2012-09-28---米国の銀行は、1週間以上サイバーアタックで攻撃されていた。
2012-08-26---大手石油会社サウジ・アラムコが、ウィルス攻撃から回復。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。