2012-10-18

1945年に死んだRAFの乗組員のため、マレーシアで埋葬。

BBC Newsは、1945年の航空機墜落で死んだ8人のイギリス空軍乗組員(Royal Air Force crew members)の遺体が、マレーシアに埋葬されたと報告した。

その埋葬は木曜日に、マレーシアの首都クアラルンプールにあるチェラス戦没者墓地(Cheras War Graves cemetery, in Kuala Lumpur/Cheras Road Commonwealth War Grave Cemetery)で十分な軍葬の礼と共に行われた。

それらの飛行機が墜落した時、飛行機RAF Liberator KL654はココス諸島(Cocos Islands)の後、マライ半島(Malaya)と呼ばれたところに供給するものを持っていく使命を帯びて飛び立った。

イギリスとマレーシアのボランティアのチームは、2009年の遠征でその人たちの遺体を回収した。

衝突現場は、数年前、濃厚な密生したジャングルで発見された。

飛行家の親類は埋葬に立ち会い、それらが第2次世界大戦の囚人への供給物を空輸したとき、1945年8月に起こったことで、それにふさわしい終わりであるとBBCに伝えた。

それは戦争の終結であった。

また、その人たちは、彼らが望んだものの上で派遣され、家へ返る前にそれらの最後の使命であった。

飛行機とその乗組員が消える前に、航空機はエンジン欠陥を起こしたと言われている。

RAF Liberator KL654のナビゲーターであった空軍中尉ケネス・ドベー(Flying Officer Kenneth Dovey, who was the navigator for Liberator KL654)の兄弟ジェフリー・ドベー(Geoffrey Dovey)は、
「私はそれが、すべてが今終わるということで非常に喜んでいます。」
「私たちはそのうちに移動し続けることができます。しかし、もちろん、私たちは忘れないでしょう。」
「しかし、それらは正しく、最後に適切な休息のためとされた。」と言った。

The eight were:

* Flight Sergeant Jack Blakey, age 30 (flight engineer)
* Flying Officer John Trevor Bromfield, 20, of Cheam, Surrey (air bomber)
* Flying Officer William Kenneth Dovey, 20 (navigator)
* Flying Officer Edward Donald Mason, 22 (pilot)
* Flight Sergeant William Ross, 20, of Gateshead, County Durham (air gunner)
* Flight Sergeant Raymond Arthur Towell, 21, of Wellingborough, Northamptonshire (wireless operator/air gunner)
* Flight Sergeant Arthur Turner, 21 (wireless operator/air gunner)
* Flight Lieutenant John Selwyn Watts, 24 (pilot)

マレーシアの首都クアラルンプールにあるチェラス戦没者墓地(Cheras War Graves cemetery, in Kuala Lumpur/Cheras Road Commonwealth War Grave Cemetery)のGoogle Earthポインター情報
1, Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur,
3° 6'31.87"N,101°43'51.31"E
または、
3.108853, 101.730919