2012-10-18

世界中のメディアが、日本の大臣が靖国神社を参拝したと騒いでいる。

BBC Newsは、日本の2人の大臣が隣国との関係を酸っぱくするであろう動きとして、靖国神社を訪れたと報告した。

その動きは、2012年10月17日水曜日に、次の首相になる可能性がある野党党首安倍晋三(Shinzo Abe)の訪問に続いた。

中国と韓国は、安倍晋三の訪問に怒って反応した。

靖国神社は日本の戦死者を追悼している。
その中には、14人の有罪と判決されたA級戦犯を含んだいる。

それは日本の過去の軍事行動を正当化していると隣国は見ている。

今回参拝したのは、羽田孜の息子で、与党民主党の羽田雄一郎国土交通大臣(Transport Minister Yuichiro Hata)と、国民新党の下地幹郎郵政民営化担当大臣(Postal Reform Minister Mikio Shimoji)で、秋フェスティバルをマークするために木曜の朝に靖国神社を参拝した。

羽田雄一郎国土交通大臣は、8月にも靖国神社を参拝した。

野田佳彦首相(Prime Minister Yoshihiko Noda)は、以前に靖国神社を訪れないように彼のキャビネット・メンバーに促した。

尋ねられた時、内閣官房長官藤村修(Japanese Chief Cabinet Secretary Osamu Fujimura)は「一私人による。」として訪問を軽視した。

安倍晋三の場合は、首相だった間、靖国神社を訪れなかったことから、波風を立てて、あわよくば政権交代を狙っているが---

韓国の外務省スポークスマンは、安安倍晋三に敬意を払っていたと言い、靖国神社への訪問に関して「深い遺憾の意および関係」を表し、「日本の侵略戦争および軍国主義のシンボル」と言った。

中国は、国営の新華社通信によって、それがするだろうと言って、訪問のための安安倍晋三を叱りつけ、報告書で「さらなる毒二国間の絆。」と強い言葉で表わした。

東京と北京の間の結束は、引き続き両方が要求する東シナ海島のグループをめぐる対立によってひどく緊張している。
すでに、中国で経営する多くの日本の会社に影響した。

東京とソウルの間の論争は、韓国の独島および日本の竹島という島の、別のグループに関係している。