2012-10-18

野生生物カメラマン、年間賞受賞作品。

BBC Newsは、今年のVeolia Environnement Wildlife Photographer of the Year(ベオリア・エンビローンメント野生生物カメラマン年間大賞)の受賞者は、カナダのポール・ニックレン(Paul Nicklen)による「Bubble-jetting emperors」であったと報告した。

その写真は大西洋の凍ったロス海(Ross Sea, Antarctica)の皇帝ペンギン生息地で撮影された。
ポール・ニックレンは、呼吸するためにシュノーケルを使用して、親ペンギンの帰還を待った。

年少者の受賞は、オーエン・ハーン(Owen Hearn)で、彼の祖父母が住むイギリスの農場ベッドフォードシアで、「飛行経路」を撮影した。
14歳のオーエンは、1960年代の終わりにロンドンの3番目の空港のために選ばれたサイトでアカトビを撮影した。
「計画された空港への反対は進んで、それを止めました。したがって、私は、今日農場での野生生物を撮影することができます。」と彼が説明した。

今回は10枚の写真が公開された。