2012-10-18

Twitterはドイツで、ネオナチのユーザー・アカウントを拒否!

BBC Newsは、Twitterはドイツの政府の依頼で、ネオナチのアカウントへのアクセスを拒否したと報告した。

ソーシャル・ネットワーキング・サイトが、1月に実施されたローカル検閲政策(local censorship policy)をインプリメントした初めてのことになった。

ツイーツが地域法に違反する場合、その政策は、特定国のコンテンツを閉鎖することを可能にしてる。

決定を発表して、Twitterの総合弁護士アレックス・マックギリブレイ(Twitter's general counsel Alex Macgillivray)は決定を発表して、次のように言いました:
「コンテンツを保留する場合、それは厳密に透明にするツールを持つのに利益がある。」と言っている。

ただし、一種の恐怖がよぎる。
突然、「あなたのことを政府が嫌っているので、アクセスを拒否します。」と言うことになもなる。

彼は、アカウントが閉じることを要求した、ドイツの警察によって送られた手紙を公表した。

ドイツ政府は、ニーダーザクセン(Niedersachsen)からの右翼過激派グループ「Besseres Hannover」を禁止した。

このニュースは、ドイツ中の新聞がトップ記事として掲載している。

「それは解散させます。その財産はとらえられ、社会ネットワーク中のそのアカウントをすべて直ちに閉じなければなりません。」

グループのメンバーは刺激剤としての人種的憎悪の責任を負っており、犯罪組織を作っている。

「Besseres Hannover」は、移民に対しておどしをかけてニーダーザクセンの学校で人種差別主義のパンフレットを配布したことで非難されている。

さらに、家族がトルコの出身で、ドイツ生まれの保守的な政治家で、社会事務大臣Aygul Ozkanへ恐ろしいビデオを送りつけてきている。