2012-10-18

イギリス政府は新しいスキーム「スパイ見習」を始める。

BBC Newsは、イギリス政府は、どのような学歴にかかわらず若い人々を対象とするスパイの見習講習計画を始めていると報告した。

そのスキームは、暗号解読者が第二次世界大戦を短くするのを支援したブレッチリー・パーク(Bletchley Park)を訪問中の外務大臣ウィリアム・ヘイグ(Foreign Secretary William Hague)によって発表される。

今まで、大学に行くことは、情報局のうちの1つの中へのルートと伝統的に見なされてきた。

ウィリアム・ヘイグは、戦争中にブレッチリー・パークで働いた人々を賞賛し、現代の脅威に逆らう暗号解読者およびコンピューター学者の次世代を見つけて育成する必要について話すことになっている。

スキームの目標は、主としてブレッチリー・パークの後継組織チェルテナム(Cheltenham)の通信情報機関GCHQのために、100人の新人を見つけることである。

スキームは、科学、技術あるいはエンジニアリングの職業資格を持っているかもしれないが、彼らは必ずしもそれを必要としない、新しい才能のある若い人々を引きつけることに注目している。

ブレッチリー・ドードビーカーであったアラン・チューリングのエキスパートであるリーズ大学の数学教授バリー・クーパー(Maths professor Barry Cooper from Leeds University, who is an expert on Bletchley codebeaker Alan Turing)は、イニシアチブを歓迎した。

バリー・クーパー教授はBBCに、「イギリスから出て来た科学的な遺産は、私たちへ実際に、経済的に全く驚くべきで、重要です。また、私たちが貢献した貢献は世界にとって重要です。」
「その多くは若い人々に依存します。それは、科学に興味を持っていて、それらの利益を追求する手段を持っている人々に依存します。」
「政府が今、これに関して考えている方法は有望で、実際に見えます。」と言っている。

外務大臣ウィリアム・ヘイグは、第二次世界大戦中にミルトン・ケインズ(Milton Keynes)のブレッチリー・パークでの仕事が、ドイツ語および日本語の暗号クラックを支援した男性および女性に敬意を払う。

エキスパートは、暗号解読者によって行われた仕事が2年以内まで戦争を短くしたかもしれないと信じている。

そのアラン・チューリングを殺したのも政府である。

なにしろ、イギリスのスパイ組織は、人材不足で苦しんでいる。
学歴どころではない。
高卒のスパイ時代がやってきた。

米国だった同じ!

2012-06-25---ジャームズ・ボンドの職場、MI5はサイバーテロ攻撃と戦っている。
2012-06-23---アラン・チューリング、生誕100周年。
2012-06-23---アラン・チューリングは、「何百万もの命」を救った。
2012-03-23---最近発見されたスペインの暗号解読機械「Enigma」。
2011-11-16---エニグマ解読の現場ブレッチリー・パークを永久保存に成功!
2010-09-21---イギリス外務省管轄軍事スパイ組織「MI6」の歴史本出版。
2010-09-17---イギリス国内スパイ組織「MI5」のヘッドは本格的テロ攻撃を警告。
2010-08-26---ヒトラーは、イギリス上陸を計画していた!
2009-07-05---イギリスの外務向け諜報機関「MI6」のチーフの家族生活公開!
2009-06-26---イギリス政府は、サイバー犯罪と戦うためにハッカー募集!
2008-10-05---イギリス、ブラウジング、通話、メール全記録保存!
2007-01-09---イギリスのスパイ組織「MI5」テロ情報を電子メール・サービス開始。
2005-10-15---イギリス外務省諜報局「IM6」は寒々。
2005-10-14---イギリス外務省のスパイ組織「IM6」の人材応募は少なく、寒々。
2005-09-21---ペンタゴンを舞台にしたテレビ・ドラマ「E-Ring」の放送が開始された。
2005-09-14---日本の有識者懇談会が外務省にスパイ組織創設を提言。
2005-07-19---CIAに続いてイギリス内務省も無能?
2005-03-23---イギリスのスパイ組織「MI5」が中間管理職募集。