AD SPACE

2012-10-17

オーストラリアのクレージー「ベジマイト(Vegemite)」の遅れた普及!

BBC Newsは、今、オーストラリアのシドニーー・ハーバー・ブリッジ(Sydney Harbour Bridge)、コアラと同じくらい象徴になった「ベジマイト(Vegemite)」は、戦時中にマーマイト(Marmite)の代わりとして登場したと報告した。

どのように、この塩気のあるスプレッド(salty spread)は、それほど人気があるようになりましたか?

注:spread beaverには、隠語として、ポルノ写真などで、股を広げて女性の陰部を見せた「満開」のこととで、腰掛けた女性の陰部を覗いて見えたものもspread beaverという。

[AD] You can advertise on this site.

ドイツのUボート(German U-boats)とビール産業(beer industry)、プロセス・チーズ(processed cheese)、1983年のメン・アット・ワークのヒット(Men At Work's 1983 hit)、対蹠地(Down Under)の間のリンクは何か?

答えは、
それらはすべて、オーストラリアでアイコンへ広げられた謙虚な東からの「ベジマイト」を回すことに役割を果たしたということであった。

世界中のどこにも任意の通りにいるどんなオージーも止める、また、それらは、「ベジマイト」のために、あるいはに対して見解を持つ。

さて、その90才の誕生日の前夜においては、最初の公式歴史「The Man Who Invented Vegemite」はたった今公表された。
「ベジマイト」発明した人の孫、ジェイミー・カリスター(Jamie Callister)によって書かれた。
「すべてのオーストラリア人が彼らの幼児期と結びつくという何かを、私の祖父シリル(Cyril)は作りました。 それは、あなたのもとを決して去りません。」と彼は言った。

食用の副産物がビールを作るために、ビール醸造者によって使用されるイーストから最初に抽出された時、その物語は19世紀後半に実際に始まった。

1902年に、イギリスのマルミット・エクストラクト食品会社(Marmite Extract Food Company)が、大きなポット用に、フランスの単語「マルミット(marmite)」からその名前をとって出現した。

「マルミット」はオーストラリアへ含む世界へ送られた。

しかし、第一次世界大戦中に、それらの輸出品は、商船を攻撃するドイツのUボートによって、発送が中断された。

シリル・カリスター(Cyril Callister)は、田舎のビクトリアで1893年に生まれて、大学に行き、化学者になった利口な子どもであった。

彼は、刺激的、正統的でない、世界を旅行し、最終的にスコットランドの軍需工場で科学者として生活を始めていた。

工場での爆発の後、シリル・カリスターは、オーストラリアへ帰り、マーマイト代用品を作ろうとしていた起業家フレッド・ウォーカー(Fred Walker)に会った。

1人の地方のビール醸造者フレッド・ウォーカーは、「Cubex」と呼ばれるマーマイトの彼自身のバージョンを考え出そうと既にしていた。

しかし、このどろどろで、苦々しいヘドロは、料理用として、最悪であった。

フレッド・ウォーカーは、1923年にシリル・カリスターを入れた。

2人は、年末までに、完成品ができると確信していた。

ウォーカーは、大衆がそれに名前を付けることができ、賞金£50が貰えるコンペティションを始めることを決定した。

何百もの応募があり、「ベジマイト」を思いのままに引き出したのはウォーカーの娘シーラ(Sheila)であった。

製品自体のように、名前は突き刺さりました。

しかし、販売は不活発であった。

ウォーカーはジェームズ・クラフト(James Kraft)と呼ばれる精巧なカナダ人について聞いた。
この人はプロセス・チーズとして知られるようになったものを完成した。

1924年にウォーカーは、シカゴでクラフトに会った。

仲良くなった2人は、ウォーカーが、彼にオーストラリアで彼のチーズを売る権利を与えるようにクラフトに説得した。

一挙に、彼は、チーズのに対抗する「ベジマイト」を提示した。

「わらしべ長者」を実戦したのであった。

現在なら、インターネットの無料のサービスを渡り歩いて、利用していることで成功することも可能である。
現実として、「ネット版わらしべ長者」も登場している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.