on-the-time.jp

2012年10月17日

タイは、内需を押し上げるために利率を引き下げた。

銀行

BBC Newsは、タイの中央銀行は内需を押し上げて、かつ成長を持続させるために不意に利率を引き下げたと報告した。

BoT(Bank of Thailand/タイ銀行)は3%から2.75%までその重要な貸出金利をカットした。

世界的景気後退が国の輸出品の需要を妨げるかもしれないし、その経済成長を傷つけるかもしれないという恐れがあった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

しかし、何人かのアナリストはより低い借入コストが消費者価格の上昇に拍車をかけるかもしれないと言って、その動きを非難した。

彼らは、内需が最近強く、最小でない、タイの経済がしっかりと成長していたので、利率のカットがその時必要だった、と言った。

前の3か月と比較して、タイの経済は、4月〜6月の時期に以上に予測3.3%成長した。

クレディ・スイスのアジアの経済学研究の管理者ロバート・プリオル-ワンデスフォーデ(Robert Prior-Wandesforde, director of Asian economics research at Credit Suisse)は、
「インフレ外観に関してより、その中で、特別のフィードスルーの1つの適正に、上記の傾向の内需の長期間を、私たちはもっと心配しています。」と言っている。

タイは、最近国内消費を押し上げる他の法案をさらに導入した。

それは、40%もによるいくつかのエリアで、国の様々な部分の最低賃金を上げた。

政府は、国で昨年の壊滅的な洪水の後にインフラ計画に2兆タイ・バーツ(US$650億)を費やす計画をさらに発表した。

アナリストは、強い内需および増加した財政支出を与えられて、消費者価格の上昇が引き続いたままだったと言った。

彼らは、今後数か月に利率を上げ始めることを中央銀行に強いることができるかもしれないと言った。

ロバート・プリオル-ワンデスフォーデは、「タイ銀行は、来年前半にこの動きを確かに逆にしなければならないかもしれません。」と言っている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。