2012年10月11日

メディア界を揺るがした10年。

ロイター研究所(Reuters Institute)によって、2012年10月11日木曜日にPDFで公開されたレポート「Ten Years that Shook the Media World(メディア界を揺るがした10年)」は、メディア・セクターの多くの場合、劇的な混乱の10年間以上後にさえ、私たちがより長い移行期間の初めだけだったことを示したと報告した。

現在、メディアの遺伝型(特に線形のテレビ)はまだメディア使用を支配し、多くの広告を引きつけて、生成では特にニュースは大多数のコンテンツを支援している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

私たちがそれらを知っているとともに、これはすべてメディアのための深遠な含意と共に変わることになる。

また北ヨーロッパと北アメリカのように、インターネット・アクセスのハイ・レベルを備えた地方でさえ、使用する、専門のジャーナリズムの大部分は、遺産報道機関、および印刷と放送のようなオフライン・プラットフォームに由来した収入によって資金提供され続けていた。

主な事業革新がない状態で、「古いメディア」が傾くかニュースから立ち去り、そして、ニュース生産のための持続可能なモデルを見つけ、たただ一つの(オンライン)ニューメディア会社はほとんどないとともに、専門のジャーナリズムの商用土台はほとんどの西洋の世界の中で腐食し続けている。

新しいデジタル・プラットフォームが社会活動に参加する刺激的な新しい機会を作っている一方、情報共有、また探索は、それらが専門のジャーナリズムに手厚い環境を供給することは明らかではない。

RISJリサーチのフェローであるラスムス・クライス・ニールセン博士(RISJ Research Fellow Dr Rasmus Kleis Nielsen)とオープン社会財団(Open Society Foundations)に許可され、支援されることよって書かれた報告書は、、異なる国々のメディア会社が、2つの新興市場国(ブラジルとインド)と同様に6つの両方の豊富な民主主義国家も(フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、英国およびアメリカ)検査して、最近の十年間にどのようにやっていったかのいくつかの非常に著しい差を文書化している。

2012-07-09---新聞に対する愛の込め方で、お国柄が判る。
2012-07-08---イギリスで、ニュースへのアクセスが落ち始めている。
2010-07-12---イギリスの選挙でソーシャル・メディアが空前の影響!
2010-07-07---開発途上地域は、国際ニュースが公平さに欠ける。
2009-06-30---主流のメディアはニュースの基本情報を忘れ、公衆を置き去り!?

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。