2012-10-14

中国の科学者は、有史以前に人がパンダを食べたと言った。

米国の雑誌「TIME」は、中国の最愛の国家の象徴「パンダ(大熊猫)」は、古代の人によって全く違って見られたかもしない。

それは、「 食物」として見ていた。

有史以前の男性が、現在南西中国の重慶市の一部地域でパンダを食べたと、科学者魏光飆(Wei Guangbiao)は言っている。

中国でも大騒ぎになっている。

多くの掘り出されたパンダの化石が「パンダがかつて人によって死ぬほど鞭打たれることを示した。」と、重慶博物館のThree Gorges Paleoanthropology研究所の所長(重庆市三峡博物馆三峡古人类研究所的所长)の魏光飆は金曜日に重庆晨报に言っている。

「最初の時代に人々は、彼らに役に立たなかった動物を殺しません。」したがって、パンダを食物として使わなければならなかった。

しかし、彼は、当時のパンダが非常により小さかったと言った。

野生のパンダが10,000〜100万年前重慶の高い山に住んでいたと、魏光飆はっている。

中国政府は、自国の種を研究して、生き残りを確実にしようとすることに大いに投資している。

パンダは荒野でおよそ1,600頭と言われている。
そこで、彼らは密猟することと発展によりきわめて危険にさらされる。

ほとんど中国の繁殖計画で、実際は300頭以上が束縛されている。