2012-10-14

日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。

AP通信は、日本の海軍は60周年(海上自衛隊創設60周年)記念を特徴づけ、その海事の強さを引き立てることを意図した専攻練習を備えたと報告した。

そのディスプレイは中国との緊張した領土紛争の中で起こった。

海上自衛隊創設60周年のキャッチフレーズは、海と君と未来のために、「海を守ることで、大切な人を守り抜く。
その決意は、やがてふるさと日本の未来を拓く力になる−」という思いが表現されていると報告している。

最先端技術の駆逐艦、荒い海岸線に対する攻撃を始めることができるホバークラフトおよび新しい慣例通りに動力が供給された潜水艦を含む約40隻の軍艦が、速い調査、軍事パレードのFleet Review 2012に参加した。

さらに日曜日にほとんどヘリコプターであったが、約30機の海軍機が参加した。

軍艦はさらに、アメリカ、シンガポールおよびオーストラリアから日本の海軍に加わった。

中国を含む20か国以上の代表は、さらに東京の南の水域で行なわれたイベントに出席した。

駆逐艦JS Kuramaに乗った野田佳彦首相(Japan's Prime Minister Yoshihiko Noda)は、東シナ海の島の上の北京との論争に特に言及しなかったが、日本がそのセキュリティに対する「厳しい」挑戦に直面すると言った。

野田佳彦首相は、国の国境のまわりの治安情勢としての「新しい責任」に面するために、準備されているために3年ごとに保持される練習が、今年、60周年記念のために拡張し、参加する水夫を訪問した。

形式的に海上自衛隊と呼ぶ日本の海軍は、世界で最も装備をされ、最も訓練されたの中の一つである。

ポスト第二次世界大戦の相互の防衛条約の一部日米安保条約として、日本はさらに米国の第7艦隊を主催している。
それはUSSジョージ・ワシントン航空母艦戦闘集団(USS George Washington aircraft carrier battle group)を含んでいる。

しかし、近隣の中国の海軍の上昇によって近年警報が東京に発された。
何人かの戦略家は、それは地方現状を転覆することができ、確実にキー航路帯の自由に対する挑戦を防止する日本の能力を腐食するかもしれない、と言った。

中国の外交政策中の成長している断定的に対する懸念にはその間に、東京がその軍事防衛を強化するというさらに燃料を供給された要求があった。

そのような恐れは、日本の尖閣諸島および中国の魚釣台と呼ばれる2か国の議論された島への、ライバル・クレームの中に今年拡大した。

その島は小さく無人だが、天然ガスの豊かな漁場および恐らく有利な埋蔵量に囲まれる。

これを受けて、大部分は、日本は両生の上陸用舟艇の取得によりその海軍の艦隊を強くしており、その沖の監視能力を改善するためにさらに無人飛行機の購入を熟考している。

それらはすべて、米国から購入してきたことから、日本が中国、韓国ともめると、米国が儲かるということになる。