2012-10-14

カフカ・ペーパーの戦いは、イスラエル支持に決定!

BBC、AP通信は2012年10月14日に、イスラエルの裁判所はフランツ・カフカ(Franz Kafka/1883 - 1924)のワーク・コレクションがイスラエル国立図書館(Israel's national library)へ渡されるに違いないと裁決したと報告した。

この判決は、ドキュメントの所有権に関する長い法的な論争を解決したことになる。

カフカは彼の友達マックス・ブロート(Max Brod)へ著述を与えた。
彼の秘書は、彼がそれらを彼女に任せると主張した。

彼女の死の後、彼女の娘は、それらを渡すことを拒絶した。

この残された原稿は、カフカによって出版されていない資料を含むかもしれないと考えられている。

ブロートは、カフカが死んだ時、彼の仕事を焼くように、彼の友達にしたリクエストを無視した。

代わりに、ブロートは文学を公表した。
それはカフカを20世紀のほとんどの有名な小説家のうちの1人に変えた。

ブロートは、ドイツに侵入された後、1939年にチェコスロバキア(Czechoslovakia)から、パレスチナに向かって逃げた。

1968年の死に際して、彼は秘書エスター・ホッフェ(Esther Hoffe)に収集を残した。

しかし、ブロートが明示的に過ごしたテルアビブの家庭裁判所(Tel Aviv family court)は2012年10月14日日曜日に、「エルサレムのヘブライ立大学(Hebrew University in Jerusalem)、テルアビブ市町村立図書館(Tel Aviv municipal library)、あるいはイスラエルの図書館(public institution in Israel)、外国へ他の公共機関(abroad)へ彼の収集のカタログを作り転送するようにホッフェに命じる。」裁決を下した。

実際に、ホッフェは、ほとんどの収集をしまい込み、そのうちのいくらかを売りさばいていた。

テルアビブで2008年にスタートした裁判で、ホッフェの娘は、ブロートの意図が収集をそれらの母親への贈り物にすることであると主張した。

しかし、裁判長タリア・コーオエルマン-パルド(Talia Kopelman-Pardo)は「カフカの著述、ブロートの収集のように、ホッフェの娘への贈り物と考えられないかもしれません。」と裁決した。
彼女が、「ブロートの収集はアーカイブへ渡されるべきです。」と書いた。

作品のうちのいくつかはイスラエルとスイスで貸し金庫の中に保持される。

いくらかは2010年に、チューリッヒでオープンされた。
しかし、それらの内容は単にイスラエルの裁判官に知らせた。

イスラエルの国立図書館の管理者オレン・ウェインバーグ(Oren Weinberg)は支配を賞賛した。

彼は、図書館が最終的に収集をオンラインで公開するだろうと言い、「このように、イスラエルと世界ですべての文学愛好者のためにカフカの著作を発表するブロートの願望を満たします。」と述べた。

カフカとブロートは両方ともプラハのドイツ語を話すユダヤ人社会の一部であった。

カフカは、様々精神・肉体的病気に苦しんだ後、40歳で、1924年に死去した。

彼は著述を友達ブロートに託し、それらを破壊してくれるように彼に依頼した。
代わりに、ブロートは、それらのうちのいくつかを公表した。
それらは「The Trial and The Castle」を含んでいた。

2010-09-24---だれがカフカの論文を所有するかに関するカフカ的な問題。
1924-06-03---カフカが死亡した。
1883-07-03---カフカが生まれた。