2012-10-10

イギリス人の半分は、2025年までにキャッシュレス・ペイメント。

モバイル・マネー未来

Cellular-Newsは、支払い会議の教育キャンペーン(Payments Council's education campaign)のPayYourWayによって実行された調査によると、イギリス人の(51%)の半分以上は、2025年にそれらの刻印をスキャンすることにより払うつもりであることが報告された。

一方、大部分はまだ、現金(68%)を使用していることを期待し、クレジット(73%)、デビット(75%)カードで、イギリス人の42%はそれらの物理的なハンドバックあるいは財布を廃止し、それらが新技術を選ぶ場合、それらを可能にするだろうと言っている。

結果、さらに主流オプションになる携帯電話を使用する支払いへのポイントとして調査された10人のうちの7つは、2025年に支払をするためにそれらのモバイルを使用することができることを予測した。

将来、何を保持しても、支払い会議の4,000人以上の消費者中の最近の調査は、速度とセキュリティが便宜よりむしろ関係するだろうということを確認した。

調査されたほとんど誰(93%)でも驚かずに、支払いのセキュリティがそれらにとってちょうど今重要で、その一方でほぼ3分の2(62パーセント)が、新技術を使用する支払いが安全ではないかもしれないという懸念を認めていることに合意した。

10人のうちのほとんど9人(89%)は、彼らは支払い処理にできるだけ迅速にして欲しく、その一方で68%が処理はあまりにも長くかかっていると彼らが思う場合に気短になることを認めていることに合意した。

ペイメンツ会議の最高行政官エイドリアン・カメラード(Adrian Kamellard, Chief Executive of the Payments Council)がPay Your Wayでのコメントで、
「我々が2025年までに支払うために宝石のアイテムを使っていることを示唆することがこじつけのようかもしれないが、我々が自信があることがありえるものは、顧客が我々がここ数年の間支払う方法でたっぷりより多くの革新を楽しみにすることができるということです。
ペイメンツ会議での私たちの仕事は、どんな新しいサービスも安全でそれらを使用したいかもしれないすべての顧客の必要によって形作られることを保証することです。」と言っている。