on-the-time.jp

2012年10月09日

米国の大統領候補者討論は、事実をチェックするツールの上昇を強調。

Knight Centerは、ミット・ロムニー(Mitt Romney)が2012年10月03日にバラク・オバマ大統領(President Barack Obama)と共和党対立候補者の間で討議するように示し、ジャーナリストは、公に通知を取る別の方法として、事実をチェックするWebサイトを要求していると報告した。

大統領占拠キャンペーンになると注目されるFactCheck.orgのようなWebサイトは、候補のステートメントあるいは正確さと誠実の政治的な広告をモニターし分析している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

視覚的に候補のステートメントが誤解を招きやすいかどうか実証するために、そのサイトは、それらの発見物と共にグラフィックスをしばしば使用している。

ピューリツァー賞を受賞するウェブサイトPolitifact.comは、例えば、クレームを評価するために「真実-Oメーター(Truth-O-Meter")」を適用し、一方、ワシントンポスト・ブログ「事実チェッカー」(Washington Post blog " The Fact Checker" )これらのステートメントへの「ピノッキオ(Pinocchios)」のシリーズを割り当てた。

10月3日の討論のその報道については、発信元が事実をチェックする報告書にソーシャルメディア・アウトリーチを統合した。

ニューヨークタイムズは、それがその事実をチェックする努力のためのリポーターの「小さな軍隊(small army」と呼んだものをコンパイルした。

討論が広げるように、事実をチェックするWebサイトは、実際に言われていた数分後、それらの分析をしばしば記入して、候補のリアル・タイムのステートメントを吟味し、始めた。

凄い!
あまりにも無責任な発言が目立つので、これは、日本の占拠にもぜひ必要なことといえる。

Politifact.comでは、どのステートメントが討論の間に分析されるか提案してくれるようにそのTwitter信奉者に依頼した。

ただし、それが間違うととんでもないことにもなる。

つまり、真実の騙し合いという悲惨な結果になる。

リアル・タイムで事実をチェックするゴールは、よりよく公に通知し、討論の間にそれらのメッセージの中でもっと責任のある人を抱くことにある。
しかし、いくらかは、人々の心が言われていることにかかわらず、しばしば構築されると主張した。

間違えると、大統領選挙で告訴されることにもなる。
責任重大である。

また、何が真実なのか?

また、前の大統領選挙のときもそうだったが、あまりにも無責任な発言で扇動する情報が多すぎた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。