gaYa広告

2012年10月09日

米国の大統領候補者討論は、事実をチェックするツールの上昇を強調。

Knight Centerは、ミット・ロムニー(Mitt Romney)が2012年10月03日にバラク・オバマ大統領(President Barack Obama)と共和党対立候補者の間で討議するように示し、ジャーナリストは、公に通知を取る別の方法として、事実をチェックするWebサイトを要求していると報告した。

大統領占拠キャンペーンになると注目されるFactCheck.orgのようなWebサイトは、候補のステートメントあるいは正確さと誠実の政治的な広告をモニターし分析している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

視覚的に候補のステートメントが誤解を招きやすいかどうか実証するために、そのサイトは、それらの発見物と共にグラフィックスをしばしば使用している。

ピューリツァー賞を受賞するウェブサイトPolitifact.comは、例えば、クレームを評価するために「真実-Oメーター(Truth-O-Meter")」を適用し、一方、ワシントンポスト・ブログ「事実チェッカー」(Washington Post blog " The Fact Checker" )これらのステートメントへの「ピノッキオ(Pinocchios)」のシリーズを割り当てた。

10月3日の討論のその報道については、発信元が事実をチェックする報告書にソーシャルメディア・アウトリーチを統合した。

ニューヨークタイムズは、それがその事実をチェックする努力のためのリポーターの「小さな軍隊(small army」と呼んだものをコンパイルした。

討論が広げるように、事実をチェックするWebサイトは、実際に言われていた数分後、それらの分析をしばしば記入して、候補のリアル・タイムのステートメントを吟味し、始めた。

凄い!
あまりにも無責任な発言が目立つので、これは、日本の占拠にもぜひ必要なことといえる。

Politifact.comでは、どのステートメントが討論の間に分析されるか提案してくれるようにそのTwitter信奉者に依頼した。

ただし、それが間違うととんでもないことにもなる。

つまり、真実の騙し合いという悲惨な結果になる。

リアル・タイムで事実をチェックするゴールは、よりよく公に通知し、討論の間にそれらのメッセージの中でもっと責任のある人を抱くことにある。
しかし、いくらかは、人々の心が言われていることにかかわらず、しばしば構築されると主張した。

間違えると、大統領選挙で告訴されることにもなる。
責任重大である。

また、何が真実なのか?

また、前の大統領選挙のときもそうだったが、あまりにも無責任な発言で扇動する情報が多すぎた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。