2012-10-14

イラン、湾岸サイバーアタックを否定。

AP通信は、イランの政府関係者が、石油、ガス会社に対する最近のペルシャ湾でのサイバーアタックで、どんな役割も否定し、彼らがその場合の調査を歓迎したと言った、とイランの半官的な通信社が2012年10月14日日曜日に言っていると報告した。

サイバースペースのナショナル・センターの秘書マフディー・アクハバン・バハバディ(Mahdi Akhavan Bahabadi, secretary of the National Center of Cyberspace)は、ISNAによって運ばれた発言によれば、シャムーン(Shamoon)にイランとリンクした「政治上動機づけられたアメリカの主張」として、サウジアラビアの州石油会社アラムコおよびカタールの天然ガス生産者RasGasを攻撃したウィルスを非難した。

彼が、「私たちは、問題を米国政治上の大統領選挙に照らし、また米国の国内問題に照らして解釈します。」と言った。

そのウィルスは、ネットワーキングされたコンピュータに広がることができ、それらへの上書きにより、結局ファイルを破壊する。

米国の国防長官レオン・パネッタ(Defense Secretary Leon Panetta)は、それらを恐らく民間部門が現在まで見た、最も破壊的なサイバーアタックと呼んで、それらが30,000台を超えるコンピュータを使えなくしたと言った。

先週、元米国政府職員は、政府に支援されて有望なイランのハッカーが湾岸サイバーアタックに責任を負ったとアメリカの政府当局が信じると言った。

米国の機関は湾調査を助けている、と元職員が言い、攻撃を行なうために必要とされる資源のレベルがある程度の関与が民族国家のそばにあったことを示すと結論を下した。

この調査が秘密として分類されるので、アメリカの政府関係者は匿名を条件に話した。

マフディー・アクハバン・バハバディは、
「アメリカの政府関係者は、彼らが最近のサイバーアタックの源を発見することができると言いました。」
「私たちはこれを歓迎し、任意の国際協力に喜んで攻撃の源を見つけると発表します。」と言った。

イランの政府関係者は、イラン自体が最近、その海底石油プラットフォーム上のサイバーアタックの犠牲者で、既にテヘランが会社のサイバーセキュリティを押し上げるヘルプを申し出たと言った。

イランは、周期的に核ネットワークおよび油と産業ネットワークと、政府でウィルスおよび他の悪意のあるプログラムの発見を報告した。

2012年10月08日月曜日に、テヘランは、成功裡にそれがその海上石油掘削基地のコンピューター・ネットワーク上のサイバーアタックを閉鎖したと言った。

れは、5月にサイバーアタックのために、その石油緊急融通制度の一部を簡潔にシャット・ダウンした。

イランは攻撃のことでイスラエルとアメリカを非難した。

イスラエルは、イランに対するウィルスを使用する疑いをそらすためにほとんど何も行っていない。

サイバーアタックは、カモフラージュで味方を攻撃することもあり、それを適の攻撃と偽ることもさほど難しいことではないので、実に情報が錯綜する。