2012-10-14

リオの北部スラム街を麻薬撲滅でブラジル警察が襲撃!

BBC Newsは、装甲車とヘリコプターに支持された何百人ものブラジルの警官が麻薬で悪名高い2つのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)スラム街をコントロールしようと動きだしたと報告した。

約1,500の警察およびゲリラ隊が5:00(08:00 GMT)にから、北のスラム街ジャカレジニョ(Jacarezinho)とマンギニョス(Manguinhos)のオペレーションに参加した。

この縄張り地域は、クラックコカインの売買で中心として知られている。

ブラジルは、2014年のワールドカップと2016のオリンピックに先立って、最も危険な地方をきれいにしようとしている。

見たところでは、麻薬一群のガンマンはオペレーションより進んで退却し、そこでほとんど抵抗がないように見えたと言っている。

先月、サンパウロ連邦大学(Sao Paulo Federal University)によって発表された研究によれば、ブラジルは、世界で米国の次ぎにクラックコカインの最大の消費者がいて、コカインおよび派生的な麻薬の2番目に大きな消費国である。

通信社によれば、約170人の海軍ゲリラ隊および1,300人の警官がオペレーションで使用された。

8つのグループが活動し、警察の装甲車が廃物憂鬱のそばの位置を占め。一方、家を探索して、ジャカレジニョ(Jacarezinho)の裏通りを通って前進した、とAFP特派員が報告した。

法なスラム街の何人かの居住者は、かれらの家が探索された時、他のものがわっと泣き出し、一方、進む警察は、それらの窓から見ることができたかもしれなかったと言っている。

AFP特派員は、彼が銃の発射を聞いたと付け加えた。

日曜のオペレーションは、他のリオ・スラム街を含むロチンハ(Rocinha)が最も大きく、昨年の11月に同様の弾圧に続いたと報告している。

2014年のワールドカップまでに、スラム街の麻薬が消えるとは、とうてい考えられない。

2012-01-22---ブラジル警察は、サンパウロの近くのスラム街を襲撃!
2011-11-27---ワールドカップ2014年の準備バトル、ブラジルの戦い!
2011-09-06---リオのスラムで、銃撃戦(gunfight)!
2011-06-30---リオのオリンピックで追い出されるリオの貧民街の貧乏人。
2011-06-20---ブラジル警察は、リオのスラム街を占領!
2011-05-28---リオデジャネイロのストリート・アートと犯罪の温床。
2010-11-28---リオの麻薬密売人の本拠地スラム街に、最終警察と軍が突入開始!
2010-07-27---リオ、2016年五輪大会前に26万以上が住むスラム街を消す計画。
2009-10-20---2016年夏季オリンピック開催地の銃撃戦で、21人が死亡。

リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)のジャカレジニョ(Jacarezinho)
22°53'2.90"S,43°15'18.40"W
または、
-22.884139, -43.255111

リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)のマンギニョス(Manguinhos)
22°52'45.00"S,43°14'45.00"W
または、
-22.879167, -43.245833