2012-10-14

モーリタニアの大統領は、撃たれた後、パリに飛んだ!

BBC Newsは、職員が何が事故だったと言ったとき、モーリタニアのモハメド・オールド・アブデラジス大統領(Mauritanian President Mohamed Ould Abdelaziz)は撃たれ、フランスの首都パリへ飛行機で運ばれていたと報告した。

大統領は首都ヌアクショット(Nouakchott)で手術を受けて、フランスで科療をさらに受ける。

55歳のモーリタニアのモハメド・オールド・アブデラジス大統領は飛び立つ前に、大丈夫だったと言うために病院ベッドからのテレビに現われた。

軍事のパトロールは土曜日に、大統領の護衛隊へ誤って発砲したと言われている。

彼はテレビで、「私はモーリタニア市民を再保証したい。昨日[土曜]の夜に受けた手術は成功でした、それを実行した医療チームに感謝する。」と言った。

それ以前に、コミュニケーション大臣ハムディー・オールド・マージョブ(Communications Minister Hamdi Ould Mahjoub)は、モハメド・オールド・アブデラジス大統領が腕を負傷し、彼の命が危険な状態になかった、と言った。

医療の情報筋は、彼が弾丸を削除したとAFP通信社に伝えた。

彼がパリでどの治療を受けるつもりだったかは明らかではなかったとBBCアラビアのモハマド・タハ(Mohammad Taha)はヌアクショットで言っている。

大統領がいない間は、首相によって運営される。

伝えられるところによれば、2人の陸軍士官が関与の容疑で拘留された。

最初に、モーリタニアのラジオは、ハメド・オールド・アブデラジス大統領が暗殺の試みを回避したと報告した。

ハメド・オールド・アブデラジス大統領は、西アフリカの国家で2008年に軍事クーデターで政権を握った。

彼はクーデター相手との協定の下で保持され、1年後に大統領選挙に勝った。

BBCのモハマド・タハは、クーデターおよびクーデターの試みが過去10年のうち3回、モーリタニアで起こった。
1960年にフランスから独立して以来、軍はほぼすべての政府に関係していた。

現在の大統領は特に近隣のマリで、西地域のイスラム教徒に対する防波堤と見なされている。

いつ、暗殺が起こっても不思議ではなかったと言うことだろう。

モーリタニアの首都ヌアクショット(Nouakchott)のGoogle Earthポインター情報
18° 5'2.62"N,15°58'42.31"W
または、
18.084061, -15.978419