on-the-time.jp

2012年10月11日

ビデオゲームのバック・ツー・ザ・フューチャー。

BBC Newsは、通常、より速いチップ、よりスマートなソフトウェアあるいは、より小さなデバイスを作ることに関係することで、コンピュータ産業でのほとんどの人々は将来を楽しみにしている。

しかし、すべてがそうとは限らない。
ゲーム産業では、多くの開発者が最近、後ろを見ており、5歳、10歳および20歳であった頃のゲームを生き返らせて時間を過ごしていると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

特別のキックスターター(Kickstarter )の中で、多くの資金を提供するキャンペーンが「Carmageddon」「Broken Sword」 「Wasteland」のようなより古いビデオゲームのバージョンを更新するために始められたのを見た。

この傾向の別の例として、「Xcom: Enemy Unknown」で起こった。
それは、クラシックな1993年に登場した「UFO: Enemy Unknow」の最新版であった。

「UFO: Enemy Unknow」は、外からの侵入者から、地球を守らなければならなかった秘密のXcom部隊をプレーヤーに担当させる。

ストラテジーゲーム(strategy game)に、外からの脅威とのターンによる戦いで資金繰りが苦しい組織の資源を管理することを混ぜた戦略ゲームである。

何人かが言うように、これまでで最高のテレビゲームの一つをつくるために、UFOの容赦ないペース、現金の堅い管理の必要性、研究とエンジニアリング資源と外からのの致命的な戦いは組み合わされた。

なぜ、誰が、古典であったものを改善しようとしたか?

FiraxisのUFOリード製作者の1人で、ゲームのCivilisationシリーズで知られているガース・デ・アンジェリス(Garth De Angelis)は、「それは、確かに挑戦的でした」と言っている。

彼は、オリジナルの最大ファンのうちのいくつかはFiraxisの内で見つかりった、と言った。
そして、再度作ることに対するそれらの愛情から生まれた。

特に、彼らが維持したかった重要な要素のうちの1つが外からの脅威から地球を守ることに対する挑戦であると言った。

「過去5年程度で、多くのゲーマーは、ゲームが単純化されるようになったことに気づきました。」
「その挑戦は拒絶されました。」と彼がBBCに伝えた。

Retro Gamerのエディターであるダーレン・ジョーンズ(Darran Jones)は、古典に年を取らせる古いタイトルおよび再形中のブームが多くの影響があったと言った。

しかし、現在の重要なものは多くのゲームの均質であった。

「最近、産業に多くの温和があります。」
「私たちが最近のE3ショーで見たすべてのゲームは、カバーに基づいた射手であるように見えました。それらはポピュラーです。したがって、誰でもそれらを作っています。」と彼は言った。

これは、映画の世界に近くなったのかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。