2012年10月11日

不敬罪でパキスタンのキリスト教徒の少年が逮捕された。

BBC Newsは、16歳のキリスト教徒の少年がパキスタンの都市カラチで不敬(blasphemy )罪で保持されたと報告した。

警察によって、ライアン・スタンテン(Ryan Stanten)として指名された少年は、申し立てによると、火曜日に攻撃の資料を含んでいたテキスト・メッセージを転送したと言われている。

翌日、腹を立てた群衆は通りでそれらの付属物に火を付けて、彼の実家を捜索した。

パキスタンの不敬法律は、厳しさと乱用に対して無防備のことのことで非難された。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

暴徒がコーランを焼いたことで彼女を告訴した後、若いパキスタンのキリスト教徒の少女が不敬罪で8月に逮捕されて以来、法律上で再び注目集めている。

報告書は、メッセージが2012年10月09日火曜日に送られた後、カラチで地方の祈願リーダーに会うために、16歳の少年が連れて行かれたと述べた。

地元のガス会社の従業員のために中流家に住んでいて、読むことなく、彼がメッセージをリーダーに話したと、警察は言っている。

彼の母親はガス会社に雇用されていた。
また、報告書は、彼女がそれ以来仕事から解雇されたと述べている。

自分たちと考え方が違うから、リンチで殺してしまえという考えは、昔は日本にもあった。
かなり、幼稚な発想とも言える。

Pakistan's blasphemy laws(パキスタンの不敬法)
* After partition in 1947 Pakistan inherited offences relating to religion, which were first codified by India's British rulers in 1860
* In the 1980s clauses were added to the laws by the military government of General Zia-ul Haq
* One clause recommends life imprisonment for "wilful" desecration of the Koran. Another says blasphemy is punishable by death or life imprisonment
* Muslims constitute a majority of those booked under these laws, followed by the minority Ahmadi community
* A majority support the idea that blasphemers should be punished, but there is little understanding of what religious scripture says as opposed to how the modern law is codified

* Q&A: Pakistan's controversial blasphemy laws

2012-09-08---パキスタン、不敬罪事件のキリスト教の少女釈放。
2012-09-07---パキスタン不敬事件の少女は、保釈金を与えられた。
2012-08-28---パキスタンで、不敬事件のクリスチャンは14歳であった。
2012-08-27---パキスタン不敬事件の少女の知的能力を診断!
2012-08-19---パキスタンは、不敬の罪で逮捕した精神障害の少女を不能にした。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。