gaYa広告

2012年10月11日

不敬罪でパキスタンのキリスト教徒の少年が逮捕された。

BBC Newsは、16歳のキリスト教徒の少年がパキスタンの都市カラチで不敬(blasphemy )罪で保持されたと報告した。

警察によって、ライアン・スタンテン(Ryan Stanten)として指名された少年は、申し立てによると、火曜日に攻撃の資料を含んでいたテキスト・メッセージを転送したと言われている。

翌日、腹を立てた群衆は通りでそれらの付属物に火を付けて、彼の実家を捜索した。

パキスタンの不敬法律は、厳しさと乱用に対して無防備のことのことで非難された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

暴徒がコーランを焼いたことで彼女を告訴した後、若いパキスタンのキリスト教徒の少女が不敬罪で8月に逮捕されて以来、法律上で再び注目集めている。

報告書は、メッセージが2012年10月09日火曜日に送られた後、カラチで地方の祈願リーダーに会うために、16歳の少年が連れて行かれたと述べた。

地元のガス会社の従業員のために中流家に住んでいて、読むことなく、彼がメッセージをリーダーに話したと、警察は言っている。

彼の母親はガス会社に雇用されていた。
また、報告書は、彼女がそれ以来仕事から解雇されたと述べている。

自分たちと考え方が違うから、リンチで殺してしまえという考えは、昔は日本にもあった。
かなり、幼稚な発想とも言える。

Pakistan's blasphemy laws(パキスタンの不敬法)
* After partition in 1947 Pakistan inherited offences relating to religion, which were first codified by India's British rulers in 1860
* In the 1980s clauses were added to the laws by the military government of General Zia-ul Haq
* One clause recommends life imprisonment for "wilful" desecration of the Koran. Another says blasphemy is punishable by death or life imprisonment
* Muslims constitute a majority of those booked under these laws, followed by the minority Ahmadi community
* A majority support the idea that blasphemers should be punished, but there is little understanding of what religious scripture says as opposed to how the modern law is codified

* Q&A: Pakistan's controversial blasphemy laws

2012-09-08---パキスタン、不敬罪事件のキリスト教の少女釈放。
2012-09-07---パキスタン不敬事件の少女は、保釈金を与えられた。
2012-08-28---パキスタンで、不敬事件のクリスチャンは14歳であった。
2012-08-27---パキスタン不敬事件の少女の知的能力を診断!
2012-08-19---パキスタンは、不敬の罪で逮捕した精神障害の少女を不能にした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。