2012-10-10

ビルマから追放された軍神Kyaw Zawは、93歳で死去した。

BBC Newsは、ビルマ独立の1940年戦争の最後の生き残りのリーダーのうちの1人が、追放先の中国で死去したと報告した。

93歳であったKyaw Zaw(1919 - 2012)は、現在の野党党首アウン・サン・スー・チーの父親アウン・サン(Aung San, father of current opposition leader Aung San Suu Kyi)を含んでいたグループ「30 Comrades」メンバーの一人であった。

Kyaw Zawは1976年に共産党員に離脱し、軍事支配者ネ・ウィン将軍(military ruler General Ne Win)と争った後に国から逃げた。

ちょうど彼の伝記がビルマで初めて公表される予定である前に、Kyaw Zawは死去した。

独立戦争で戦った後に、彼は1950年代にビルマを悩ました内部反乱を下に置くことにより、名前を上げた。

彼の軍歴は国民党の勢力(Kuomintang forces)に対する勝利で最高潮に達し、中国の内戦を避けた。

1960年代に、軍事支配者の件でと争い、一連の反共産主義の浄化を始めた。

Kyaw Zawは、1976年に中国南部へ国から逃げた。

伝えられるところによれば、去年根本的改革を試みたビルマ政府は彼が死ぬ前の月に、国へ彼を招待した。

イラワジ誌(The Irrawaddy magazine)は、ビルマの仏教徒のための最も崇敬されたサイトであるラングーンのシュエダゴン・パゴダ(Rangoon's Shwedagon Pagoda, one of the most revered sites for Burmese Buddhists)で、彼は最後の敬意を払いたかったと報告した。

彼の葬式は中国で行われた。
また、彼の家族は、彼らがビルマに彼の灰を返すのを望むと言った。