gaYa広告

2012年10月11日

フランスで起こった11,721,000,000,000,000ユーロの電話請求書。

BBC Newsは、南西フランスの女性が、ほぼ1京2000兆ユーロの電話料金を受け取ったと報告した。
電話会社がその誤りを認めた後、請求書は放棄され、実際の使用料が請求された。

ボルドー郊外のペサック(Pessac outside Bordeaux)に住むソレーヌ・サンホセ(Solenne San Jose)は、請求書の封を開いたら、11,721,000,000,000,000ユーロ(US$14,766,481,895,641,556.00)という巨大な衝撃の請求書を受け取ったと言っている。

これはフランスの2011年の年間経済生産高のほぼ5,872 年分に相当する。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

彼女は、先月彼女の仕事を失った後に、アカウントが閉めることを要求した。

元ティーチング・アシスタントの彼女「ほとんど心臓発作を起こしました。私が作り出しさえすることができなかった非常に多くのzeroesがありました、それはいくらだったか。」と言った。

電話会社ブイグテレコム(Bouygues Telecom)は、コンピュータで生成したステートメントを修正するためにそれらができることは何もないと彼女に最初に伝えて、代金を離れて支払うために分割払いをセット・アップすることをその後申し出た。

個人でフランスの年間経済生産高のほぼ6,000年分は支払えない。

コンピュ−タはいつも正しいと言う固定概念が、このような暴言を言わせた。

しかし、その金額を聞いて、結局、その会社は、紙幣が117.21ユーロだけであったに違いないことを認めて、結局すべてそれを放棄した。

コンピュータが間違えた。

さらに、それは失敗について謝罪した。
それは、コールセンターでのクライアントとスタッフの間の誤植の後の誤解だったと言った。

Cellular-Newsは2012年05月16日に、ジュピター・リサーチ(Juniper Research)からの新しい調査報告書からの情報として、携帯電話ネットワーク事業者が2016年までに不正行為および支払いエラーのコンビネーションで、とんど収入の4分の1(ほぼUS$3000億/US$300,000,000,000)を失うことに直面することが分かったと報告した。

ところが今回は。1回でUS$14,766,481,895,641,556.00と、それを軽く超えた。

2012-06-23---ワイヤレス顧客は、電子請求書に満足していた。
2012-05-16---支払いは、エラーと不正行為で2016年までに毎年US$3000億損失!

ボルドー郊外のペサック(Pessac outside Bordeaux)のGoogle Earthポインター情報
44°48'20.99"N,0°37'49.39"W
または、
44.805831, -0.630386

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。