2012年10月11日

惑星状星雲ギャラリー。

NASAは、NASAのチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)で作られた太陽近傍での物体に関する最初の系統的な調査からの4つの惑星状星雲を示し、「A Planetary Nebula Gallery」を公開した。

ここに示された惑星状星雲は、「猫目(Cat's Eye)」として知られているNGC 6543、NGC 7662、NGC 7009とNGC 6826である。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

それぞれの画像は、チャンドラからのX線の放射は紫に色をつけられている。
また、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)からの光学発光は色がつけられた赤、緑と青に色をつけられている。

この調査の最初の部分は、新しい論文中で公表されて、地球から約5000光年以内の21の惑星状星雲が観察された。

論文は、さらに同じ通達距離内に、14の他の惑星状星雲に関する研究を含んでいます、チャンドラは既に観察していた。

惑星状星雲は、太陽が今から数十億年後経験するに違いない恒星進化の過程を表わしている。

太陽のような星がその中心で水素の全てを使い果たすとき、半径で、何十から数百倍まで増加し、それは赤色巨星に拡大する。

この過程では、星は、濃厚な白色矮星を形成するために、、熱い芯を後にして、ほとんどのその外層を流し、まもなく収縮する。

熱い核心から出る速い風は、放出された大気へ激突し、それを外へ押し、光学望遠鏡で見られた優雅で耳繊条質の構造を作る。

新しいチャンドラの調査で、惑星状星雲の約30%で見られた拡散したX線の放射、およびギャラリーのすべてが、速い風が放出された大気と衝突するとともに、衝撃波によって引き起こされた。

新しい調査データ、拡散したX線の放射ディスプレイを備えたほとんどの惑星状星雲の視像、より弱いハローに囲まれた鋭い縁を備えたコンパクトなシェルを明らかにする。

これらのコンパクト・シェルはすべて、約5000年未満で、したがって、それは、恐らく強い衝撃波が生じるために時間スケールを表わし、年齢を観察できる。

研究の惑星状星雲のおよそ半分は中心にX線の点光源を示している。

また、これらの点光源のうちの1つ以外のすべては、仲間星によって引き起こされるかもしれないし、惑星状星雲の放出に責任を負う中心星の高周波が仲間を持っていることを示唆するかもしれない高エネルギーX線を示している。

将来の研究は、惑星状星雲の構造および発展を決定する際に重星の役割を明確にするのを支援することである。

これらの結果は、「天文学ジャーナル(The Astronomical Journal)」の2012年8月号で公表された。

The Astronomical Journal Volume 144 Number 2

J. H. Kastner et al. 2012 The Astronomical Journal 144 58 doi:10.1088/0004-6256/144/2/58
THE CHANDRA X-RAY SURVEY OF PLANETARY NEBULAE (CHANPLANS): PROBING BINARITY, MAGNETIC FIELDS, AND WIND COLLISIONS

J. H. Kastner1,
R. Montez Jr.1,
B. Balick2,
D. J. Frew3,
B. Miszalski4,5,
R. Sahai6,
E. Blackman7,
Y.-H. Chu8,
O. De Marco3,
A. Frank7,
M. A. Guerrero9,
J. A. Lopez10,
V. Rapson1,
A. Zijlstra11,
E. Behar12,
V. Bujarrabal13,
R. L. M. Corradi14,15,
J. Nordhaus16,22,
Q. A. Parker3,17,
C. Sandin18,
D. Schönberner18,
N. Soker12,
J. L. Sokoloski19,
M. Steffen18,
T. Ueta20,
E. Villaver21

1 Center for Imaging Science and Laboratory for Multiwavelength Astrophysics, Rochester Institute of Technology, 54 Lomb Memorial Drive, Rochester, NY 14623, USA
2 Department of Astronomy, University of Washington, Seattle, WA, USA
3 Department of Physics and Astronomy and Macquarie Research Centre for Astronomy, Astrophysics and Astrophotonics, Macquarie University, Sydney, NSW 2109, Australia
4 South African Astronomical Observatory, P.O. Box 9, Observatory, 7935, South Africa
5 Southern African Large Telescope Foundation, P.O. Box 9, Observatory, 7935, South Africa
6 Jet Propulsion Laboratory, California Institute of Technology, MS 183-900, Pasadena, CA 91109, USA
7 Department of Physics and Astronomy, University of Rochester, Rochester, NY, USA
8 Department of Astronomy, University of Illinois, Champagne-Urbana, IL, USA
9 Instituto de Astrofísica de Astronomía, Glorieta de la Astronomía s/n, Granada 18008, Spain
10 Instituto de Astronomia, Universidad Nacional Autonoma de Mexico, Campus Ensenada, Apdo. Postal 22860, Ensenada, B. C., Mexico
11 School of Physics and Astronomy, University of Manchester, Manchester M13 9PL, UK
12 Department of Physics, Technion, Israel
13 Observatorio Astronomico Nacional, Apartado 112, E-28803, Alcala de Henares, Spain
14 Instituto de Astrofísica de Canarias, E-38200 La Laguna, Tenerife, Spain
15 Departamento de Astrofísica, Universidad de La Laguna, E-38206 La Laguna, Tenerife, Spain
16 Center for Computational Relativity and Gravitation, Rochester Institute of Technology, Rochester, NY 14623, USA
17 Australian Astronomical Observatory, P.O. Box 296, Epping, NSW 2121, Australia
18 Leibniz Institute for Astrophysics Potsdam (AIP), An der Sternwarte 16, D-14482 Potsdam, Germany
19 Columbia Astrophysics Laboratory, Columbia University, New York, NY 10027, USA
20 Department of Physics and Astronomy, University of Denver, Denver, CO 80208, USA
21 Departamento de Física Teórica, Universidad Autónoma de Madrid, Cantoblanco 28049 Madrid, Spain
22 NSF Astronomy and Astrophysics Fellow.

Credits: X-ray: NASA/CXC/RIT/J.Kastner et al.; Optical: NASA/STScI

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。