2012年10月11日

中国のレノボは世界のトップPCメーカーとして、HPを抜く!

BBC Newsは、調査会社ガートナー(Gartner)によってリリースされた暫定数字によれば、中国のPCメーカーのレノボ(Lenovo)は世界のトップのPCメーカーとしてUP(Hewlett-Packard/ヒューレット・パッカード)の後継者になったと報告した。

ガートナーは、HPが第3四半期に1355万出荷したのと比較して、レノボが第3四半期に1380万ユニットを出荷したと言った。

それは、レノボの「積極的な値引」が、本質的な市場占有率を獲得するのを支援したと言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

しかし、2つの間のギャップが閉じていたことをそれは示したが、調査会社IDCのデータはトップにHPを置いた。

IDCによれば、1380万ユニットを備えた15.7%のシェアを楽しんだレノボと比較して、HPは、世界市場の15.9%のシェアで、1390万ユニットを出荷した。

アナリストは、レノボが最近で最良の上演できるPCメーカーの一人で一層の市場占有率を獲得するだろう、と言った。

フロスト・アンド・サリバンのアンドリュー・ミルロイ(Andrew Milroy of Frost & SullivanがBBCに、
「レノボが持っている単なる勢いは、それがすべての図表を横切って、世界で第1のPCメーカーになるであろうことは避けられなくします。」と伝えた。

ガートナーによれば、レノボは、第3四半期に出荷を米国で増加させたトップ5の中で、唯一のPCメーカーであった。

また、ガートナーおよびIDCの数字の両方は、世界的なPC出荷が四半期に同じ昨年の期間から、8%以上落ちたことを示した。

パソコンの需要は、アップルのiPadおよびサムソンのGalaxyのようなタブレットPCの高まっている人気によって、さらに遅くなる世界景気によって、傷つけられた。

アナリストは、Microsoft Windows 8を含むオペレーティング・システムと同様に、新製品の着手を予期して購入期間に消費者が躊躇したと言った。

IDCのPC世界市場調査チームの上級の研究アナリストであるジェイ・チヨウ(Jay Chou, senior research analyst at IDC's Worldwide PC Tracker)が、
「PCは厳しい急落を経験しています。」
「産業は既に荒い第2・四半期を切り抜けていました。また、今、第3・四半期はさらに悪かった。」と伝えている。

彼は、それがその財産のまわりで回転するのを支援する製品を見つけようと、産業がさらに努力していると付け加えた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。