2012年10月11日

ベルギーのモナリザは、100万ユーロで回復中。

BBC Newsは、身代金用として保持され、3つの別の戦争中に略奪され、少なくとも6回盗まれ、不法に売られ、その一部はまだ見つかっていないベルギーで最も有名な絵画ヘント祭壇飾り(The Ghent Altarpiece)は、100万ユーロを越えるお金で回復されていると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

光る黒を拡大するサンバイザーを着用していて、歴史で最も大人気の美術品のうちの1つを構築する、油性塗料の暗く厚い層を調査するとともに、コンサーベイターである33歳、バート・デボルダー(Bart Devolder)は多少超現代的に見えると言っている。

彼が割れ目のある表面に優しく触れて、
「私はここにある特権があったと感じる。」
「ベルギーの人々にとって、これがモナリザ(Mona Lisa)に似ています。あるいは、イタリア人にとってのシスティナ礼拝堂(Sistine Chapel)と等価物です。ヘント祭壇飾りは特別のものです。また、私は、孫がそれを見るのに有能でまたいることを望みます。」と言っている。

絵画も、イエスのシンボル神の小羊(Lamb of God, a symbol for Jesus)に敬意を表わすために、巡礼者がともにクラスターに分かれたことを示す中央のパネルのために、神秘的な羊の敬慕(Adoration of the Mystic Lamb)として知られている。

合計で24の組み立てられた木製のセクションが、フランドルの芸術家ヤン・ファン・アイク(Flemish artist Jan Van Eyck)によって、それはほとんど600年前に完成し、祭壇飾りを構築している。

作品のこの部分は彼の兄弟ヒューバート・ヴァン・アイク(Hubert Van Eyck)によって始められたと広く信じられているが、彼は、彼の世代の最も技術的で最も才能のある芸術家のうちの1人であると考えられている。

回復計画で、バート・デボルダーとベルギーの文化遺産のための王の研究所からの彼のチームは、それらの作品がヘントの美術の博物館の内部のグラスに面された部屋の公然陳列上で行われているので、それら自身を見ることができる。

「それは非常にオープンです。ウィンドウは非常に大きい。また、Webカメラがさらにある。このようなことは、ベルギーで起こった最初のことです。そして、今のところ、ガラスに対して立っている訪問客を持つことは、少し部外者です。」彼は笑っている。

回復プロセスは、絵画が暗く、注意深く最多の損傷部位を修正しているように見せ、古いニスをゆっくり削除するために化学薬品を使用して、骨の折れるプロセスになる。

「仕事は忍耐です。」とバート・デボルダーが言っている。

「私は、恐らく、かってそれを描いた画家が行った時より、それを見てより多くの時間を過ごすと思います!」と言っている。

そう言えば、「最後の晩餐」の修復をしたときも、ドイツのアート雑誌「ART」が紹介し、大事業になった。

私も昔、フィエレンツエのウフィッツィの図書館で、メジチ家の文献整理を依頼されたが、生涯が埋まるほどのことであり、気が遠くなって断ったことがある。

保存および回復は、アムステルダム大学のアン・バン・グレベンシュタインクルーズは言う引退した教授(Anne van Grevenstein-Kruse, a retired professor of conservation and restoration at the University of Amsterdam)が監督している。

アン・バン・グレベンシュタインクルーズは、「ヘント祭壇飾り(The Ghent Altarpiece)」について、
「ナポレオンはパリにそれを持っていきました。側面の翼は19世紀の中頃の美術市場へ売られました。第二次世界大戦では、それはヒトラーの博物館に入れられました。しかし、今、再び大聖堂にここにあります。」と言っている。

The Ghent Altarpiece

* 1432: Completed by Jan Van Eyck, probably with the help of his brother Hubert
* 1566: Attempts to capture and burn by Protestant Calvinists, but Catholic guards hid the panels inside a tower
* 1794: Four panels stolen by Napoleon's troops, later returned by French King Louis XVIII
* 1821: Six panels bought by the Prussian king, Frederick William III
* 1934: The Just Judges panel stolen by mystery thief, later replaced by a replica
* 1941: Remaining panels captured by Nazis
* 1946: Painting returns to original room inside St Bavo's cathedral in Ghent
* 1986: Painting moved to the St Villa chapel, another part of the cathedral

ヘント(Ghent)のGoogle Earthポインター情報
51° 3'12.48"N,3°43'49.37"E
または、
51.053467, 3.730381

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト