AD SPACE

2012-10-11

ブラウザのFirefox改良版は、脆弱性で火を噴いた!

BBC Newsは、Mozilla最新版Firefoxはセキュリティ脆弱性が発見された後、オフラインになったと報告した。

バージョン16にアップグレードしたユーザーは前のバージョンへダウングレードが助言された。

[AD] You can advertise on this site.


脆弱性は、「悪意のあるサイト」がどのWebサイトへユーザーが訪れたか潜在的に断定することを可能にした、とMozillaが言った。

公益法人は、「ユーザーの制限のある数、影響される。」とだけ言った。

イギリスののスポークスマンは、ダウンロードは、その1日の最初のリリース内にオフラインにされたと言った。

彼は、ユーザーが新バージョンに自動アップグレードされていないと付け加えた。

Mozillaの安全保障管理者のマイケル・ユーツ(Mozilla's director of security assurance Michael Coates)は、ブログ・ポストで、フィックス作業中で、木曜日に予定される、と言った。

彼は「我々は、この脆弱さが現在荒野で利用されているという徴候を持ちません。」と、付け加えました。

「Firefox 16は、現在のインストーラー・ページから一時的に取り除かれました。
また、それが利用可能になるとすぐに、ユーザは新バージョンに自動的にアップグレードされるでしょう。」
「用心として、ユーザーはこれらの指示に従って、バージョンに15.0.1をダウングレードができます。あるいは、私たちのパッチが脆弱性をアドレスするために出され自動的に適用されるまで、ユーザは待つことができます。」と言っている。

Firefoxは4億5000万人を超えるユーザーと、世界的に3大Webブラウザのうちの1つだった、とMozillaは言った。

Microsoft Internet Explorerおよび相対的な新参者Google Chromeはその重要な競争者である。

最近の数か月で、様々な図は、ブラウザ・レースで3番目の場所にMozilla財団の主要製品を押し込んで、Google ChromeはFirefoxの市場占有率に追いついたことを示唆した。

今回の事故が、さらに大きく影響しないことを期待する。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE