on-the-time.jp

2012年10月11日

ブラウザのFirefox改良版は、脆弱性で火を噴いた!

BBC Newsは、Mozilla最新版Firefoxはセキュリティ脆弱性が発見された後、オフラインになったと報告した。

バージョン16にアップグレードしたユーザーは前のバージョンへダウングレードが助言された。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。


脆弱性は、「悪意のあるサイト」がどのWebサイトへユーザーが訪れたか潜在的に断定することを可能にした、とMozillaが言った。

公益法人は、「ユーザーの制限のある数、影響される。」とだけ言った。

イギリスののスポークスマンは、ダウンロードは、その1日の最初のリリース内にオフラインにされたと言った。

彼は、ユーザーが新バージョンに自動アップグレードされていないと付け加えた。

Mozillaの安全保障管理者のマイケル・ユーツ(Mozilla's director of security assurance Michael Coates)は、ブログ・ポストで、フィックス作業中で、木曜日に予定される、と言った。

彼は「我々は、この脆弱さが現在荒野で利用されているという徴候を持ちません。」と、付け加えました。

「Firefox 16は、現在のインストーラー・ページから一時的に取り除かれました。
また、それが利用可能になるとすぐに、ユーザは新バージョンに自動的にアップグレードされるでしょう。」
「用心として、ユーザーはこれらの指示に従って、バージョンに15.0.1をダウングレードができます。あるいは、私たちのパッチが脆弱性をアドレスするために出され自動的に適用されるまで、ユーザは待つことができます。」と言っている。

Firefoxは4億5000万人を超えるユーザーと、世界的に3大Webブラウザのうちの1つだった、とMozillaは言った。

Microsoft Internet Explorerおよび相対的な新参者Google Chromeはその重要な競争者である。

最近の数か月で、様々な図は、ブラウザ・レースで3番目の場所にMozilla財団の主要製品を押し込んで、Google ChromeはFirefoxの市場占有率に追いついたことを示唆した。

今回の事故が、さらに大きく影響しないことを期待する。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。