on-the-time.jp

2012年10月11日

ソフトバンクが、米国のSprint Nextel買収で会談中!?

Cellular-Newsは、ソフトバンク社が米国を本拠地にする携帯電話事業者スプリント・ネクステル(Sprint Nextel)の過半数株式を買う会談中であると、多くのメディアによって報告されていると報告した。

さらに、Cellular-Newsはアップデート情報で17:06pmに、スプリント・ネクステルは、会社の所有権のコントロールの変化を含めるスプリントでの会談が、ソフトバンクによる本質的な投資を見る2つの会社間で進行中であることを確認したと報告している。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

ソフトバンクが、キャラバン資本主義に参戦し始めた。
もう、この小さな島国での戦いで残っているのは、KDDIのau買収だけであり、それを実行したからと言って、以前のNTTドコモが、世界史上から大きく縮小した現在、それに限界を感じたのかもしれない。

この情報は、世界中で激震として広がっている。

確かに、Sprint Nextelは米国史上で限界を迎え、どうしようもなくなってきている。

スプリント・ネクステルはそれ自体、より小さなライバルMetroPCSのスポイラー株式公開買付けを熟考していると言われていたが、それはたった今、Tモバイル・アメリカ(T-Mobile USA)との合併に一致したと報告している。

米国で携帯電話事業の大変革が始まり、そこにソフトバンクが絡んでいるというのが現状のようである。

スプリントは、ソフトバンク社が、US$400億の価値があるというと比較された約US$150億の株式市場資本を持っている。

ソフトバンクは、さらにより小さなローカルの携帯電話ネットワークeAccessをUS$18億4000万で買収中である。

日経新聞は、ソフトバンクが米国携帯電話ネットワークSprint Nextelの3分の2を買うことを期待していると報告した。

その情報は、まずダウ・ジョーンズ(Dow Jones)とロイターの両方によって確認された。

ソフトバンクは、ヴォーダフォン日本と呼ばれた獲得物を2006年の取り引きで買ってから始めて、モバイルのビジネスを育てた。

以前、日本のネットワークは、海外の世界の残りとは十分に異なって、aquisitionsは正当化するのが難しく見えた。

しかし、スマートフォンとネットワークインフラ対応の収束で、日本のネットワークは今、アメリカで使用された、それらに似ているプラットフォーム上で実行され、コストを削減するソフトバンクの提示する機会、また一括購入からの貯蓄を獲得した。

2012-10-01---ソフトバンク イー・アクセス買収。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。