on-the-time.jp

2012年10月11日

ソフトバンクが、米国のSprint Nextel買収で会談中!?

Cellular-Newsは、ソフトバンク社が米国を本拠地にする携帯電話事業者スプリント・ネクステル(Sprint Nextel)の過半数株式を買う会談中であると、多くのメディアによって報告されていると報告した。

さらに、Cellular-Newsはアップデート情報で17:06pmに、スプリント・ネクステルは、会社の所有権のコントロールの変化を含めるスプリントでの会談が、ソフトバンクによる本質的な投資を見る2つの会社間で進行中であることを確認したと報告している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ソフトバンクが、キャラバン資本主義に参戦し始めた。
もう、この小さな島国での戦いで残っているのは、KDDIのau買収だけであり、それを実行したからと言って、以前のNTTドコモが、世界史上から大きく縮小した現在、それに限界を感じたのかもしれない。

この情報は、世界中で激震として広がっている。

確かに、Sprint Nextelは米国史上で限界を迎え、どうしようもなくなってきている。

スプリント・ネクステルはそれ自体、より小さなライバルMetroPCSのスポイラー株式公開買付けを熟考していると言われていたが、それはたった今、Tモバイル・アメリカ(T-Mobile USA)との合併に一致したと報告している。

米国で携帯電話事業の大変革が始まり、そこにソフトバンクが絡んでいるというのが現状のようである。

スプリントは、ソフトバンク社が、US$400億の価値があるというと比較された約US$150億の株式市場資本を持っている。

ソフトバンクは、さらにより小さなローカルの携帯電話ネットワークeAccessをUS$18億4000万で買収中である。

日経新聞は、ソフトバンクが米国携帯電話ネットワークSprint Nextelの3分の2を買うことを期待していると報告した。

その情報は、まずダウ・ジョーンズ(Dow Jones)とロイターの両方によって確認された。

ソフトバンクは、ヴォーダフォン日本と呼ばれた獲得物を2006年の取り引きで買ってから始めて、モバイルのビジネスを育てた。

以前、日本のネットワークは、海外の世界の残りとは十分に異なって、aquisitionsは正当化するのが難しく見えた。

しかし、スマートフォンとネットワークインフラ対応の収束で、日本のネットワークは今、アメリカで使用された、それらに似ているプラットフォーム上で実行され、コストを削減するソフトバンクの提示する機会、また一括購入からの貯蓄を獲得した。

2012-10-01---ソフトバンク イー・アクセス買収。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。