2012-10-10

ノーベル化学賞は、Robert LefkowitzとBrian Kobilka

美容と医学の科学

BBC Newsは、2012年のノーベル化学賞は、私たちの体の中の何十億もの細胞がどのようにそれらの環境を感じるかを、明確にした2人の米国の研究者に与えられた。

Robert LefkowitzとBrian Kobilkaは両方とも米国人で800万スウェーデン・クローナ(US$ 120万)の賞を共有すると報告した。

それらの研究は、細胞壁によって達する多くのタンパク質Gタンパク質をつながれた受容器(G protein-coupled receptors)と呼ばれるものに注目した。

それらがどのように働くか理解することは、細胞間で信号する複合ネットワークを解くことに重大であった。

ノーベル委員会のスベン・リージン(Sven Lidin)は、「ブーイング」を叫ぶことにより彼の仕事の要約を始めた。

集められたリポーターに、彼は脅えたことを説明した時、アドレナリン1のラッシュは得る。
そうでなければ貫けない細胞膜によって何十億もの細胞を横切って化学信号を通信する。
この広大なネットワークの単に1つを明示した。

メリーランドのHHMI(Howard Hughes Medical Institute/ハワード・ヒューズ医療研究所)で会議中に、Dr Robert Lefkowitzに電話によって連絡した。

現在、カリフォルニアのスタンフォード大学(Stanford University in California)にいるDr Brian Kobilkaは、は1980年代にHHMIチームに参加した。
また、それらは、受容器が、ヒトゲノム内にそれらのための遺伝指示をレイアウトするコードを探索して、どうして起こるか発見するために別の方法をとった。

オックスフォード大学のマーク・サンソム(Mark Sansom of Oxford University)は,
「Gタンパク質つながれた受容器は長い間膜蛋白研究の究極の目的でした。」
「KobilkaのGタンパク質の構造が受容器を連結したと断定することにおける研究は、小さな「分子機械」として、それらがどのように働くか、ドラッグ・デザインの中で巨大な進歩に結びつくだろうかについての私たちの理解を特に革新しました。」
「したがって、これは、非常に重要な生物学/化学インターフェースでの、およびさらにより広い意味の相当なインパクトを備えた仕事です。」

それらが1901年に始まって以来、化学ノーベルの受取人の総数は今163に達した。