2012-10-10

銀行崩壊からゆっくり立ち直った日本の事例は、大切な遺産!

銀行

BBC Newsは、20年前に日本は、今ヨーロッパとアメリカ試みようとしているのとほとんど同じ、巨大な銀行業務崩壊を受けた。

しかし、ヨーロッパと違っているのは、日本が厳粛の苦痛に苦しみまなかったと言うことであった。

デモに参加して、腹を立てた抗議者はいなかった。

失業は低く、また、ゆっくりとはいえ、経済は成長し続けた。

日本はどのようにそれをしたか。

日本政府は、問題からのその出口を単に置くことに費やすことを決定した。

東京南部の狭い裏通りでは、若者のグループが、バンからの光る新しいソーラーパネルから負荷を軽くしており、屋根上へそれらを運搬していた。

屋根は、1歳の赤ちゃんコーちゃんの若い主婦本吉夫人が所有している。

本吉夫人は、パネルにUS$25,000かかっている.

しかし、東京では半分まで、そのコストを政府補助金によって賄われる。

「私はソーラーパワーを欲しかった。したがって、政府補助金が、私が決定した終了へ来るかもしれないと聞いた時、私は今パネルを得なければなりません。」と彼女が言った。

これはすべて人々をここで費やさせる日本政府の最新の計画の一部で、また、それは作動している。

東京北部の自分の小さな電気製品店を経営する丁寧なセールスマンの寺沢さんは、
「過去数年は彼に頑丈でした。1つの輝点は太陽のパネルです。」
「それは0と10の間の差です。」と彼が言った。

「補助金なしで、ビジネスはないでしょう。私は、補助金が終了したらどのようにどれでも売るか知りません。」と言っている。

したがって、それは本吉夫人と寺沢さんに良かった。

しかし、恐らく、本吉夫人の1歳の赤ちゃんコーちゃんにとっては、日本の国債のシェアとして、既にUS$100,000の借金がある。

経済を促進するために過去20年にわたって日本政府が使った金額は千鳥足であった。

1990年代には、単独で、それは、新社会資本、高速道路、道、橋およびトンネルの建造に、約US$2兆を費やした。

それは、2の次ぎに12のゼロが続く、US$2,000,000,000,000天文学的な数字である。

都市の環状道路はダウンタウンを1時間で結んだ。

高速道とは、トンネルが緑の山脈を通って突っ込み、ある2km以上のトンネルは、構築するためのコストが1m
当たりほぼUS$100万であったと報告している。

新しい道は、単に目障りではないと言い、それは金銭の大きな浪費であった。

それは1日当たり50,000台を運ぶと思われた。
しかし、それが単に10,000を運んでいる。

「政府は、ジャパンの至る所でこのような道を建造していた。」
「私たちは負債で円の兆です。しかし、私たちはますます多くの道を建造し続けます。私は私たちが次世代の間何を残そうとしているかを本当に心配します。」と言っている。

日本はコンクリートを注ぐことへの熱中で有名になった。

どこにもない所への懸け橋がある。
また、日本の海岸線の70%はコンクリートでカバーされた。

不用の政府の中で最も不名誉な例の1つは、都市の名古屋の現代美術博物館だった。
それはそこにそれを構築するために非常に多くを要する、どんな芸術も買うために残された金銭ではなかった。

このすべての財政支出の上側は、日本が危機に立つ国のように見えないということであった。

それらが東京に着く外国人に、最初の通知であった。

自動車は新しい、列車、光る、建物はきらめいている。

日本の失業は4.2%で、ほとんどのOECDの国と低く比較される。

その経済は、今年も2.2%ずつ成長している。

それはほとんどのヨーロッパ諸国だけが夢見る。

しかし、コストは天文学的である。

1つの問題の回避によって、日本政府はUS$13兆の世界で最大の公債および数える別のものを作成した。

それは結局別の危機を作成することができた。

また、それがしなくても、次世代の残されていた紙幣が恐ろしい。

日本はラクダだと中国が言った。
しかし、現実が泳ぎ続けないと死んでしまうサメであった。

そして、そこを世界史上最大の地震が襲い、原発を崩壊した。

人は、原発反対という。
しかし、原発以外に、日本の経済再生は不可能であることに、すでに何人かは気が付いている。

日本が、借金まみれで死んでも良いのか?

困った!