2012-10-10

シリア危機のため、ヨルダンに駐留しているペンタゴン・チーム。

AP通信は、米国の防衛当局員は、アメリカの軍事のチームが近隣のシリアで危機によって作られた隆起に対して、いつでも支援できるようにヨルダンに駐留していると言ったと報告した。

彼は、5月に毎年の訓練をした後、約100人の軍事の計画者および他の人員がヨルダンにとどまったと言った。

そして、米国が何年も使用しているアンマン北部にある米国ヨルダン共同軍事センター(U.S.-Jordanian military center)から、12人はさらに、それ以来シリア国内に飛んだと言っている。

レコード上の使命について話すことを認められなかったので、彼は匿名の条件で話した。

いつでも米軍は攻撃に参加できる体制を整えている。

その職員は、チームがそこの戦いにではなく、ヨルダンでシリアの難民の洪水を扱う方法を含み、持続的な危機に立つ同盟国を保護するために緩衝地帯を作り、多くの問題についての災害対策向けであると強調した。

それは、詭弁である!

私はイルビド(Irbid)でヨルダン将校に、スパイ容疑で逮捕され、ジープでアンマンまで運ばれた。

イルビド(Irbid)のGoogle Earthポインター情報
32°32'43.59"N,35°51'25.75"E
または、
32.545442, 35.857153