on-the-time.jp

2012年10月09日

火星探索車Curiosity、ロボットアーム上のスクープ。

NASAは、火星探索車Curiosityの右マスト・カメラ(Mastcam/Mast Camera)からのこの画像は、探索車のそのロボットアーム上のスクープを最初に使用することによって上げられた砂とほこりでいっぱいのスクープを示したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

前景では、画像の底の近くで、明るい物体が地面で見える。

この物体は、探索車の1個のハードウェアかもしれない。

公開されたビデオのこの画像は、火星ミッションの61日目(すなわちゾル61/Sol 61/2012年10月7日)に得られた。

ソル61を検査した後に、探索車チームは、ソル62(Sol 62/10月8日)上で腕を使用することを差し控えることを決定した。

代わりに、探索車は、サンプリング活動として、チームが可能なインパクトを評価することがもしあれば援助するためにソル62上で、明るい物体の補足イメージングを得るように命じられた。

このスクープ規模は、長さ2.8インチ(7cm)、幅1.8インチ(4.5cm)である。

Image credit: NASA/JPL-Caltech/MSSS

今回の火星探索車Curiosityは、何かが起これば、それを自らのカメラで確認できるようになっている。
もしかすると、修理も可能かしれない。

NASAは、2012年10月11日に、、火星探索車Curiosityのテレビ会議を開催する。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。