2012-10-04

マイクロソフトが、オリジナル・スマートフォンを作るという噂。

Cellular-Newsは、どんどん増えている報告は、恵まれたパートナーのノキアと直接競争をするため、マイクロソフトが一連のそれ自身のスマートフォンに取り組んでいるかもしれないことを示唆する噂が飛び交っていると報告した。

しかし、その大部分は、マイクロソフトが来年の前半にリリースが予定されている少なくとも1つのスマートフォンに取り組んでいると主張する台湾の中時電子報(China Times)による報告を引用していた。

[AD] You can advertise on this site.

少なくとも4か月前に伝えられるところによれば、開発事業が始められた。

その報告はさらに、電話設計および「他のものの手(hands of others)」の中で製造することを残したくないとマイクロソフトが決定したと主張し、「材質選定、設計、サービス、およびソフトウェアとハードウェア統合」に対するより厳しいコントロールを望んでいる。

マイクロソフトは、以前にそれ自身のスマートフォンを始める計画を否定しており、明示的に報告を否定しないで、新鮮なステートメントで、そのハードウェア・パートナーと仕事をする際に単にその一般的なスタンスを反復した。

それが他のハードウェア・ベンダーによる開発を駆り立てるために売られる概念実証に、その表面のタブレットでもっと要求するように、いわゆる「サーフェース電話(surface phone)」は主流スマートフォン市場へ、あるいは潜在的にマイクロソフトによる押しかもしれない。

もしかするとWindoes Phoneのできが、想像以上に良いのかもしれない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.