2012-10-08

山中教授とガードン教授、幹細胞研究でノーベル医学生理学賞を共有。

美容と医学の科学

BBC Newsは、幹細胞研究の2人の開拓者がノーベル医学生理学賞(Nobel prize for medicine or physiology)を共有したと報告した。

日本の山中伸弥教授(Shinya Yamanaka)とイギリスのジョン・ガードン教授(John Gurdon)は、身体中の他のタイプの細胞にできる成熟細胞(adult cells)を幹細胞(stem cells)に変更したことで、賞を与えられた。

山中伸弥教授は、細胞を再プログラムするために遺伝子を変更した。
ジョン・ガードン教授は、クローン・カエルへの腸サンプルを使用した。

ノーベル委員会(Nobel committee)は、科学を「革新しました。」といった。

[AD] You can advertise on this site.

精子が卵を肥沃にする場合、単に1つのタイプの細胞である。
それは増加する。
また、結果として生じる細胞のうちのいくつかは、神経と骨を含む身体と皮膚の組織をすべて作るために特定化されるようになる。

一方向のプロセスでそれは行われる。
一旦細胞が特定化されるようになったなら、それはその運命を変更することができない。

1962年にジョン・ガードン教授が、全く新しい蛙を作成する必要があるとき、蛙の腸から得られた細胞の内部の遺伝子情報がすべて含んだことを示し、彼は遺伝子情報をとり、蛙卵の内部にそれを置いた。

結果として生じるクローンは、正常なオタマジャクシへと発展した。

この技術は、最初のクローン哺乳動物として、羊のドリー(Dolly the sheep, the first cloned mammal)に載せて移動させたことで上昇した。

その40年後、山中伸弥教授は異なるアプローチを使用した。

卵へ遺伝子情報を転送するのではなく、彼はそれをリセットした。

彼は、4つの遺伝子を、次には専門の細胞になることができる幹細胞に転換し、皮膚細胞に加えた。

ノーベル委員会は、この発見について、
「細胞と有機体がどのように成長するかについて、私たちの理解を革新しました。」
「ガードン教授と山中教授の発見は、特殊化される細胞がある状況の下で、発生時計を折り返すことができることを示しました。」
「これらの発見は、世界中の科学者のための新しいツールをさらに提供しており、医学の多くのエリアにおける著しい進歩に結びつきました。」
山中教授は、賞を与えられる「すさまじい名誉」であると言った。
さらに、彼は、
「私は、ジョン・ガードンのためにこの賞を受け取ることができます。」
「このフィールドはジョン・ガードンから始めて、非常に長い歴史を持っています。」
と教授ガードンを賞賛した。

幹細胞を作成するために人の皮膚のサンプルを使用することにより、技術が医学を革新することが望まれている。

その考えは、心臓発作の後に心臓を修理するか、あるいはアルツハイマー病の進行を逆にするためにそれらを使用することができるかもしれないということでもある。

ケンブリッジ大学のガードン研究所のガードン教授(Prof Gurdon, now at the Gurdon Institute at Cambridge University)は、
「私は、この壮観な認識を与えられ、かつ山中伸弥教授とそれを受け取る予定で大いに喜んで、莫大に光栄です。
その仕事は、治療の利点の現実的な期待内の全体のフィールドをもたらしました。」
「私は、最後の半世紀にわたる様々な時に、私と研究をした同僚にもちろん、最も非常に感謝します。」
「どれくらい純粋にを確かめることは特に愉快です。基礎研究、異種細胞の遺伝的同一性のテストをもとは目指し、身体をタイプインする、明瞭な人間健康見通しをしていることが判明した。」

外科医として、彼の職業生活を始めた山中伸弥教授は、
「私のゴールは、病院へ、病床での患者へのこの幹細胞技術を持って来ることです。」と言った。

ブリストル大学の細胞および分子医学のヘッドであるアンソニー・ホーレンダー(Prof Anthony Hollander, the head of cellular and molecular medicine at the University of Bristol)教授は、
「この共同のノーベル賞は、ジョン・ガードンの先駆的な初期作品から山中伸弥によって再プログラムする体細胞の驚異的な発見まで素晴らしい科学的な旅行を辿り祝います。それは幹細胞研究用の空想的なニュースです。」と言った。

エディンバラの近くのロスリン研究所(Roslin Institute)のGoogle Earthポインター情報
55°51'49.12"N,3° 9'42.04"W
または、
55.863644, -3.161678

1966-07-05---クローン羊のドリーが生まれた。
1997-02-22---「ドリー」の存在が世界に発表され、巨大な論議の渦を生んだ。
2003-02-14---クローン羊のドリーが死んだ。
2012-10-02---GMの雌牛は「低いアレルギー」ミルクを作る。
2005-05-05---卵子の成長に幹細胞を使用することに成功した。
2007-07-26---Womb-on-a-chip(チップ上の子宮)
2007-12-28---胎児のいない幹細胞。
2009-12-18---米国科学誌「サイエンス」が選ぶ2009年の最も重要な科学。
2010-01-15---米国の「科学と工学の指針-2010」が発表された。
2010-08-23---米国法廷は幹細胞研究を増加させる計画を止めようとしている。
2011-10-31---神への挑戦!百歳以上の幹細胞は「若返った。」
2012-02-19---研究所で培養された、世界初のアーティフィシャル・ハンバーガー。
2012-04-16---HIVを攻撃し、破壊する幹細胞を開発。
2012-06-01---私たちは本当に、マンモスのクローンを見ることができるか?
2012-06-08---世界初!【長屋宏和】神経再生医療に挑戦します!
2012-06-12---幹細胞は、死亡したかなり後でも収穫できる。
2012-06-23---絶滅しそうなスマトラ島のサイが、避難所で出産。幹細胞も確保!
2012-07-02---中国伝統の「胎盤食」で、闇市場!
2012-09-27---逆老化(Reverse aging)?古くなった筋肉を若くする方法を発見!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.