gaYa広告

2012年10月02日

読者によって保持されたドイツの新聞。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、課金の壁を採用すべきか、採用すべきでないか、メディアを悩ます質問であったと報告した。

その心は、読者が顧客かどうかに関する討論であり、あるいは製品が、広告主に売られるためにベルリンに本拠がある新聞Tageszeitungでは、違った風で味わったと報告した。

それは、読者の所有物であると言うことであった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

愛称で「Taz」と呼ばれる新聞は、12,000人の読者協同組合によって所有されている。
「Taz」は公民権が保守本流メディアによって剥奪された西ドイツ人によって1979年に設立された。

また、それは左翼紙であった。

その読者の半分は、「緑の党(Green)」に投票する。

何年も、「Taz」は60,000部印刷され、州パンフレットとして資金提供されてきた。

しかし、1989年のウォールの下落で、補助金の低下が来た。
また、1992年までに、新聞は破産に直面した。

ゲノッセンシャフト(Genossenschaft/協同組合/co-operative: a group)を開始した。

新聞の独立性、あるいはその能力を評価した、関係のある読者のグループが、「自分たちの経済体制の傷に、その指を入れる」ためにそれを持った。

グループは新聞にその貯蓄を投資した。
また、新聞はそれ自体保存された。

20年間、協同組合の金庫には1100万ユーロを含んでいる。

マードックは、
誰でも500ユーロほどを投資することができる。
また、誰でもそれらの株にかかわらず、等しい発言権を得る。
と言っていたが、そうではなかった。

新聞の日常業務に影響を及ぼさない場合がある。
しかし、それらはAGMで政策を提案することができる。

最近の会は、フリーランス料金(はい)を上げて、核エネルギー(ない)のための広告を禁止するべきであるかどうか議論した。

平等主義のアプローチは140強のニュースルームまでに及んだ。

新聞が、上から目線で記事を各時代は終わった。

昔から、この新聞には非常に興味があり、歴史なども読んだことがある。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。