on-the-time.jp

2012-09-20

アップル、モバイルApp著作権侵害でUS$82,500の支払い命令!

Cellular-Newsは2012年10月01日に、アップルが中国の出版者に著作権侵害(苹果公司侵犯著作权)で訴えられていた裁判で、China Dailyが中国の裁判所が2012年09月20日に有罪と判決し、中国の出版者に補償として520,000元(US$82,500)の支払いを命令したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

中国出版社の中国大百科全書出版社(中国大百科全书出版社有限公司/Encyclopedia of China Publishing House)は、モバイル・アプリケーションを格納するiTunesによってアップルが中国大百科全書(中国大百科全书/Encyclopedia of China)を無許可で部分を分配していると主張した。

起訴は、中国大百科全書の第一版から、歴史中国第3巻全コピー(中国历史卷第一版第三册的全部内容/Chinese History's third volume from the Encyclopedia of China's first edition)が、US$20.99と値づけされて、アップ・ストア(App Store)で入手可能な適用に含まれたということであった。

アップルは、App Store上でリリースを承認する前にアプリを活発にチェックしたので、侵害に対して責任があるとみなされることができないといったが、著作権侵害で有罪と判決されたと、アップルは主張した。

上海の政治学と知的財産法研究所の東華大学の教授王千(Wang Qian, professor from Shanghai's East China University of Political Science and Law Intellectual Property Institute)は、
「アップルは、この場合YouTubeのようなビデオWebサイトに似ています。Webサイトには侵犯を含んでいるビデオを削除する義務があります。それでもWebユーザーによってアップロードされました。」と言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.