AD SPACE

2012-09-25

土星の角度がある視界。

NASAは、カッシーニの宇宙船(Cassini spacecraft)は、劇的な対角線上の輪を備えた惑星の南部地域を示して、土星(Saturn)の角のある視界を撮影したと報告した。

土星の北は、左に16度上昇し回転している。

この視界は輪の南の無知の側に面して、土星の輪から約14度以下になる。

輪は惑星の南半球に広い影を投げかけている。

[AD] You can advertise on this site.

土星の月エンケラドス(Enceladus/直径313マイル/504km)が写真の左の低くに、明るいしみとして現われている。
よく中止しないと汚れとして見逃しそうである。

この画像は、752ナノメーターで中心にある近赤外線の波長に敏感なスペクトルのフィルタを使用して、2012年06月15日にカッシーニ宇宙船広角度カメラで得られた。

この視界は、土星から、およびサン・サターン宇宙船(Sun-Saturn-spacecraft)、あるいはアングル(72度の角度)で、およそ180万マイル(290万km)離れて得られた。

画像規模はつのピクセル当たり11マイル(17km)になる。

カッシーニ=ヒューゲンス(Cassini-Huygens)ミッションは、NASA、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)およびイタリアの宇宙機関(Italian Space Agency)の共同プロジェクトである。

Image credit: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.