gaYa広告

2012年09月18日

鎮痛剤は、新たな何百万もの頭痛の「原因。」

美容と医学の科学

BBC Newsは、あまりにも多くの鎮痛剤をとることにより、イギリスの100万人もが「完全に予防可能な重症の頭痛」を引き起こす、と医者が言ったと報告した。

彼らは、鎮痛剤摂取の後、より多くの頭痛を引き起こし、「悪循環」の中にいくらかが閉じ込められたと言った。

この警告は、頭痛の治療のためにNICE(ational Institute for Health and Clinical Excellence's/国立健康とび臨床の優越性)の第1ガイドライン研究所の一部として起こった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

さらに、それは、いくつかの状況でのはり治療を推奨している。

「薬物治療の使い過ぎ頭痛」は、他の共通の頭痛あるいは片頭痛と同じと感じている。

条件の発生率上に決定的なイギリスのデータはない。しかし、他の国々の研究は、WTO(World Health Organization/世界保健機構)が5%近くと言っている一方、人々の1-2%が影響されることを示唆したと、報告された。

鎮痛剤は多くの人々の即効性のレスポンスになっているかもしれないが、それらは被害者の気分をさらに悪くすることができた。

NICEパネルをリードしたウォリック・メディカルスクールの教授マルティン下・アンダーウッド(Prof Martin Underwood, from Warwick Medical School)は、
「あなたの頭痛がより悪くなることで、これは結局悪循環に入ることができます。したがって、より多くの鎮痛剤をとり、あなたの頭痛はより悪くなります。また、これは、さらにますますより悪く、より悪くなります。」
「それは防ぐそんな容易なものです。」と言っている。

正確に、鎮痛剤が脳にどのように、その効果があるかは未知である。
影響を受けたほとんどの人々は、日常の緊張型頭痛あるいは片頭痛のいずれかで始めたと思われる。
その後、家庭で鎮痛剤をとったことで、頭痛はより悪くなる。

神経病学と脳神経外科のための国立病院のコンサルタント神経学者マンジット・マタル(Manjit Matharu)は、転換点は薬が毎月、問題になった時に10〜15日間鎮痛剤を使用することにあると言った。

片頭痛トラストの最高経営責任者ウェンデイ・トマス(The chief executive of the Migraine Trust, Wendy Thomas)は、
「ガイドラインは、面倒で不能にする頭痛の人々のための正確な診断、適切な紹介および証拠に基づく情報で支援するでしょう。」
「さらに、それは、薬物治療使い過ぎの注意を喚起するでしょう。それは重症の頭痛の人々のための問題になりえます。」
「不能にする片頭痛の人々は、このガイドラインの結果生命の品質向上を経験するでしょう。」と言っている。

頭痛に関する研究のイギリス学術協会のチェアーであるファヤズ・アフマッド博士(Dr Fayyaz Ahmed, the chair of British Association for the Study of Headache)は、ガイドラインを歓迎した。

彼は、「頭痛は最も普及している条件です。また、イギリス人口のうちの7人のうち1人には片頭痛があります。」
「条件は一般にヘルスケア資源および経済上に巨大な負担を入れます。」
と言っている。

こうなると、頭痛とは何か?鎮痛剤とは何か?と言う問題にもなる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。