gaYa広告

2012年09月18日

マリファナとアルツハイマー病

美容と医学の科学麻薬とメディア

Natural Societyは、麻薬との戦いにはマリファナに対する正当な議論がないと信じる人がいる。
それは、米国の至る所での連邦法の下で不法であることから、異常なほど低く評価していると言っている。

しかし、陽性のインパクト・マリファナを指す研究の例外的に大きな集まりがあり、マリファナ(Marijuana)とアルツハイマー病(Alzheimer)の間の関係を明らかにする最近の研究と共に、様々な健康病気の上で役立てることができると言っている。

マリファナの精神状態を変えるコンポーネントである「THC」は、アルツハイマー病患者にとって有益かもしれないと言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

雑誌「Molecular Pharmacology」で公開されたSkaggs Institute for Chemical Biologyの研究によると、Δ9とTHC(tetrahydrocannabinol)の両方が、「AChE(acetylcholinesterase/酵素アセチルコリンエステラーゼ)に引き起こされたを防ぐと同様に、競争的にAChEアミロイドβ(amyloid β)- ペプチド(peptide)Aβの集合を禁じる。」

A molecular link between the active component of marijuana and Alzheimer's disease pathology.
Eubanks LM, Rogers CJ, Beuscher AE 4th, Koob GF, Olson AJ, Dickerson TJ, Janda KD.
Source

Department of Chemistry and Immunology, The Skaggs Institute for Chemical Biology, The Scripps Research Institute, La Jolla, California 92037, USA.


言いかえれば、インドアサ(cannabis)で見つかったカンナビノイド分子(cannabinoid molecules)は、アルツハイマー病の進行を停止させることができたと言っている。

インドアサは昔から、中国やヨーロッパ薬草学で登場しているので、驚きではない。

ただし、米国の薬用マリファナのようになると危険である。

とくに、たばこより安全などと言った風評は、危険すぎる。

2012-06-06---マリファナの健康問題、「過小評価」!
2011-09-22---麻薬取締局が、マリファナ研究を阻むため裁判所へ起訴!?
2011-07-06---アメリカは完全に狂った!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告