on-the-time.jp

2012年09月18日

マリファナとアルツハイマー病

美容と医学の科学麻薬とメディア

Natural Societyは、麻薬との戦いにはマリファナに対する正当な議論がないと信じる人がいる。
それは、米国の至る所での連邦法の下で不法であることから、異常なほど低く評価していると言っている。

しかし、陽性のインパクト・マリファナを指す研究の例外的に大きな集まりがあり、マリファナ(Marijuana)とアルツハイマー病(Alzheimer)の間の関係を明らかにする最近の研究と共に、様々な健康病気の上で役立てることができると言っている。

マリファナの精神状態を変えるコンポーネントである「THC」は、アルツハイマー病患者にとって有益かもしれないと言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

雑誌「Molecular Pharmacology」で公開されたSkaggs Institute for Chemical Biologyの研究によると、Δ9とTHC(tetrahydrocannabinol)の両方が、「AChE(acetylcholinesterase/酵素アセチルコリンエステラーゼ)に引き起こされたを防ぐと同様に、競争的にAChEアミロイドβ(amyloid β)- ペプチド(peptide)Aβの集合を禁じる。」

A molecular link between the active component of marijuana and Alzheimer's disease pathology.
Eubanks LM, Rogers CJ, Beuscher AE 4th, Koob GF, Olson AJ, Dickerson TJ, Janda KD.
Source

Department of Chemistry and Immunology, The Skaggs Institute for Chemical Biology, The Scripps Research Institute, La Jolla, California 92037, USA.


言いかえれば、インドアサ(cannabis)で見つかったカンナビノイド分子(cannabinoid molecules)は、アルツハイマー病の進行を停止させることができたと言っている。

インドアサは昔から、中国やヨーロッパ薬草学で登場しているので、驚きではない。

ただし、米国の薬用マリファナのようになると危険である。

とくに、たばこより安全などと言った風評は、危険すぎる。

2012-06-06---マリファナの健康問題、「過小評価」!
2011-09-22---麻薬取締局が、マリファナ研究を阻むため裁判所へ起訴!?
2011-07-06---アメリカは完全に狂った!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。