on-the-time.jp

2012年09月18日

タイの携帯電話市場が、7%落ちた!

Cellular-Newsは、タイの携帯電話市場は、IDCの年次計算によれば、2012年第2四半期に1年前から5%の成長を記録したが、2012年第1四半期の530万ユニットの出荷と比較されて、7%落ちたと報告した。

IDCタイでのクライアント・デバイス・リサーチのための市場アナリストであるジャリット・シドゥー(Jarit Sidhu)は、「特徴電話市場は、標準証明書を欠いた電話の禁止によって分裂し、一時的に四半期間の過剰な地域で2%の出荷低下に帰着した。
高級品市場中で起こった縮小は、第3四半期と第4四半期の中で開始すると予想される新しい送受話器を予期して遅らせてることに消費者が決めたという事実によった。」と言った。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

タイの携帯電話市場は、2012年第1四半期は、2011年第1四半期の新記録に達する出荷と比較して、7%ずつ拡大した。

「予想されるように、特徴電話市場が微温のままである一方、スマートフォン市場は牽引を獲得し続けます。」
「異なる小売り市場価格で、市場へ提示されているスマートフォンの大きな増殖は、データ・パッケージ上の3Gサービス報道および魅力的なバンドルされた提示のテレコム・オペレーターから拡張までドライブと一緒に、年間を通じて消費者需要を刺激し続けるでしょう」とジャリット・シドゥー付け加えた。

IDCの最新の予測は、2012年の成長特徴電話市場が水平で、要求がスマートフォンの方へ変わっているとともに今年からの1桁の割合で成長を維持するだろうということを示した。

そのため、スマートフォン市場は、今年ほぼ40%の成長を達成できる。

高性能セグメントの拡張は、新しい高度に予期される送受話器の着手のためになる。
その一方で入門レベル・セグメントは地方と中国人のベンダーの入口によって押し上げられているかもしれないと言っている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告