on-the-time.jp

9月29日

インターナショナル・コーヒー日(International Coffee Day)

世界中のカフェイン愛好者がマークするインターナショナル・コーヒー日(International Coffee Day)に蒸気を出すエスプレッソ(espresso)、モカ(mocha)あるいはメランジュ(mélange)を上げるとともに、私たちは地方のカフェで遠方にwhiledされた数時間がビジターの旅程の主要部分である。

米国の雑誌「TIME」は2012年09月21日に、コーヒーのカルトは5世紀近くの間に、アフリカの角からアラビア半島へ、ヴェニスとコンスタンチノープル経由でヨーロッパへと広がっていると報告した。

グローバルで、私たちは、2012年に5000億杯以上のコーヒーを飲み干すことだろう。
その他の活動する黒い液体だけ(油)がより広く交換されている。

しかし、熱中は国際的かもしれないが、コーヒーの消費のまわりで発展した習慣は、それに役立つ方法と同じくらい多様である。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

アディスアベバ(ADDIS ABABA)
民俗学によれば、アラビカの在来の源であるOromo Valley-widelyに居住する種族のコーヒー豆。
それはすべてカルディ(Kaldi)と呼ばれる若い山羊飼いから始まった。

この人は群がる紫のベリーをむさぼり食った後に、より興奮しやすくなることに気づいた。

コーヒーはイスラム教国々とのその関係のためにエチオピア正教会(Ethiopian Orthodox Church)によって何世紀も禁止されたが、今日のアディスアベバは通りが単純で、常にすっかり満員のカフェでいっぱいにさせながら、カルディの出所の疑わしい発見への寺院になっている。

それらのうちのほとんどは、Tomocaで有名なmacchiato穴のように、イタリア人から手掛かりを得た。

この人は1930年代にムッソリーニ(Mussolini)が短命なアビシニア(Abyssinia)の占有の間にそれらのコーヒーを飲用に適し、偏愛を与えた。

やはり、誰が何を言おうと、コーヒーは、エチオピアから始まらないといけない。

イスタンブール(ISTANBUL)
コーヒーは現代のイスタンブールを定義する味のままだが、過去十年間は均質の西洋風カフェが過ぎし、年月の男性に支配され、煙に取り巻かれた洞穴に徐々に取って代わるのを見た。

しかし、古い学校をかぎつけることがまだ可能であることをトルコ・コーヒー文化リサーチ財団オズギュル・ケキャイ(Ozgur Cekyay of the Turkish Coffee Culture and Research Foundation)は、より従来の環境を促進するために2008年に確立された。

オズギュル・ケキャイは、「それが16世紀にアラビアから着いて以来、イスタンブールのコーヒーは同じ方法で配られました。」と言っている。

また、それはMandabatmaz (1/A Olivia Gecidi, Beyoglu) and Muze'nin Kahvesiのようなものの中で保存されていた遺産である。
トルコ・イスラム教の芸術の博物館内にあるcezveとして知られている銅の容器の中で巧妙に準備されたコーヒーが、古いトルコの諺にまだ付着する。

まさに、「地獄として黒く、死として強く、愛として甘い。(Black as hell, strong as death, and sweet as love.)」

寒い中をバスでトルコを旅し、着いた街で最初に探すのはホテルではなく、トルコ・コーヒーの店であった。
それを見つければ、宿も食事もすべて解決する。

ギリシャのアテネにある大きなカフェにも毎日通ったが、トルコの田舎のカフェは、まさに天国だった。

ローマ(ROME)
法王クレメントVIII(Pope Clement VIII)が17世紀に、それに「悪魔の飲料(Satan's drink)」とあだ名をつけた時、彼はイタリアの同胞が、世界の多くが、そのコーヒーをとる方法を定義するために来たレシピおよび舌を回転する辞書を発明するだろうと恐らく想像することができなかっただろう。

ローマでは、謙虚なものは醸造し、両方とも芸術形式および全国点火プラグになった。

毎朝、通勤者は、それらの義務的な午前メディアを急送する都市を横切って、ステンレス鋼のバーのカウンターで肘で突き、肘を立てる。

ほかの時は、都市のカフェはその主要なおしゃべりの場で、無数の社会的相互関係、Ti offro un caffèで始められ、あるいは、「私はあなたにコーヒーを買ってあげましょう。(I'll buy you a coffee.)」

午前スーツおよびコーヒー鑑定家の両方の間のお気に入りはTazza d'OroとSant'Eustachio il Caffèであった。

両方とも、頑健で、立ち見席以外いつも満員で、Pantheonからの豆をスローさせる。

私は、フィエレンツエで、コーヒーマシンが壊れ、カプチーノができなくなった中年女性が、もう死にたいと言い出したのには困った。

ウィーン(WIEN/VIENNA)
しばしば「公の居間」と呼ばれた、ウィーンのkaffeehäuser(ドイツ語でコーヒーハウス)は、かなりの逆説である。そのために、それらは主としてカフェインを取り引きするが、それらの特別の訴えは、何の中で「時間の瞑想の静かで使用されていない通行」と評されたオーストリアの小説家ハイミト・フォン・ドーデラー(Heimito von Doderer)に位置する。

習慣は、人が幸福に単独で行くことができ、単一のコーヒーを買うことができ、去るようには依頼されずに、一日中とどまることができる、と命令した。

一方、イギリスのデザイナーであるテレンス・コンラン(British designer Terence Conran)によって2007年に改築されたCafe Drechsler。近代化したcity's cafésのウィーンの fin de siècle heydayであったWiener mélangeは、ヨーロッパの現代主義者著名人を引きつける磁石だった。
他のものには、例えば Café Centralは夜ピアノ詳述し、レオン・トロツキー、アーサー・シュニッツラーおよびジーグムント・フロイトを含む過去の後援者の薄暗いウェイターおよび点呼投票と共に、壮大なコーヒー宮殿、その最も優雅なことでコーヒー消費を表わした。

私には、映画「第三の男」に登場するカフェがある。
知人がそれをモザールと呼んだときはちんぷんかんぷんであったが、何と、それはウィナー・コ−ヒーの名門「cafés Morzart(モーツアルト)」であったときは、腰を抜かし掛けた。

最後は、メルボルン(MELBOURNE)
「バリスタの競争は、世界中で私をコーヒー・ホット・スポットへ連れて行きました。(Barista competitions have taken me to coffee hot spots all over the world)」とベニスーノのヘッドで、ビール醸造者および現オーストラリアのバリスタ・チャンピオン(Australian Barista Champion)であるクレイグ・サイモン(Craig Simon)が言った。

「私は、まだそれがどんな場所でも全く私の故郷のようなコーヒーを得るために調べる予定です。」

1950年代にイタリアの移民の心と手に入れてそこに運ばれて、コーヒー鑑定業はそうした。

スターバックス(Starbucks)の到着が元あったオーストラリアの第2の都市の生活の特徴は、広範囲の軽蔑に遭遇した。

紙コップ・レビヤタンが、そのアイデンティキット・メルボルンの店のうちの6つ以外のすべてを閉じることを選んだ時、新聞the Ageの社説は、「次回、エスキモーに氷を売ってみてくださる」と嘲笑した。

しかし、ここに登場していないオランダのコーヒーに触れないのは、不公平だろう。

ヨーロッパのコーヒーは、すべてオランダに到着し、そこから発送され、遠くなるほど焙煎が強くなった。

また、1977年にニューヨークに行ったとき、ニューヨーク・モダンアート美術館ではピカソのゲルニカがスペインに返却されると言うことで、最後の展覧会をしていた。
暑い夏。道路に出ていたカフェでは、暑いコーヒーを出していた。
若い女性に、アイル・コーヒーが飲みたいと言ったら、アイスクリームとコーヒーを混ぜるのかと聞いてきた。
それはコーヒー・フロートだろ!というと、アイスクリームって何と聞いてきた。
店の中に冷蔵庫があり、そこには氷があった。
早速、彼女の目の前でアイスクリームを作って飲ませたら、目を丸くしていた。
彼女は、その時初めて日本のアイスクリームを知った。

それからは、前を通るたびに「アイスクリーム?」と聞いてきた。
他の人にも試したかと聞くと、もの凄い評判だと言っていた。

それまで、ニューヨークにはアイスクリームがなかった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。